全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

イタリアの伝統菓子PR【鶴居】

新たに売り出したローマ地方の伝統菓子マリトッツォをPRする服部さん

 ファームレストラン「ハートンツリー」(雪裡496)は、新たにイタリア・ローマ地方の伝統菓子「マリトッツォ」を売り出した。地場産生乳を原料に使った生クリームと同店人気のホエイパンを組み合わせたオリジナルスイーツで、魅力的な新商品で店舗や地域食材の魅力を改めてPRする。

今回の入れ替えに伴い車両担当が変更になります) ローマなどで郷土菓子として愛されているマリトッツォは、丸形のパンに生クリームをたっぷり挟んだスイーツ。現地ではカプチーノと共に朝食で味わうことが多く、最近は日本でも流行し始めている。

 新メニューを考案したシェフの服部大地さんは2018年9月から半年間、道の「ほっかいどう未来チャレンジ基金」を活用してイタリアで料理修業を積んだ。その際、現地でマリトッツォを知り、今回商品化に乗り出した。3月に釧路市内で試験販売したが、すぐに完売する人気ぶりだったという。

 ナチュラルチーズを生産した際に出るホエイ(乳清)を使ったパン、地場産生乳が原料の生クリームを組み合わせた。手始めにイチゴ、いよかん、小豆の3種類を販売する。季節感を感じてもらうため、いよかんにはアクセントとして食べられる花びらを加えた。さっぱりとした甘みと果実の酸味がよく合い、甘い物が苦手という人でも食べやすい。

 今後は旬の果物などを使った新作も加わる予定で、服部さんは「店で出すカフェオレとの相性も抜群。このスイーツで店と村に来る人をもっと増やしたい」とPRしている。1個480円。28日までイオン釧路昭和店2階のエムアイプラザでも販売している。問い合わせはハートンツリー0154(64)2542へ 。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク