全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅酒選びの参考に 県が「マッピング図」第2弾

県が作成した第2弾の「梅酒マッピング図」

 生産量日本一の梅の消費拡大を目指し、県産梅酒をPRする和歌山県は、2019年春に作成した「梅酒マッピング図」を第2弾として新しくした。第1弾より2種類増えている。県食品流通課は「好みの味を選ぶのに利用して」と呼び掛けている。
 県内で造られる梅酒が昨年9月、「和歌山梅酒」として国税庁から地理的表示(GI)に指定されたのを受け、県が県内の梅酒製造販売業者33社でつくる「本場・紀州産梅酒の会」に呼び掛けて更新した。第1弾の掲載は20事業者の計44種類だったが、28事業者の計46種類に増やした。監修したのは第1弾と同様、梅酒ソムリエの金谷優さん(兵庫県西宮市)。
 図では、横軸で辛口か甘口かの甘味の度合い、縦軸で芳醇(ほうじゅん)か淡麗かの香味の度合いを示し、商品の特徴を他と比べて一目で分かるようにしている。商品ごとに「酸」と「甘さ」を星の数で表示し、アルコール度数も入れている。これとは別に「和歌山梅酒」に認定されている梅酒には印を付けている。
 裏面には梅酒の説明のほか、事業者の情報を掲載している。
 県内の梅酒のほとんどは、梅と糖類、酒類だけで造った「本格梅酒」で、GIの対象になるのは、この「本格梅酒」。GI認定には原料や梅の使用数量、漬け込み期間などで基準が定められている。
 県食品流通課は「梅の生産が日本一だけに、梅酒もこれだけたんさんあることを知ってもらいたい。ぜひ味わってほしい」とPRしている。
 作成したマッピング図は、県食品流通課のホームページで公開するほか、各振興局の農業水産振興課に置いている。各地での商談会やフェアなどでも活用する。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク