全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東栄に石けんづくり体験工房開店

 東栄町の地域おこし協力隊として活動した福田美幸さんが、石けん販売店と体験工房を合わせた店「Simple+(シンプルプラス)」を町内で開店した。生まれも育ちも東京都の福田さん。「東栄で新鮮な空気と、ゆったりとした空間の中で石けんづくりを体験してもらえれば」と話している。

 福田さんは2017年4月に協力隊として東栄町に来た。憧れだった田舎暮らしを求め、東京で通信販売のテレビ番組制作現場を辞めて移住した。町内にある鉱山で採れるセリサイト(絹雲母)でコスメ作りを来訪者に体験してもらう工房で働いた。

 実家では固形の石けんで体を洗ったり、洗顔をして育ったため、いつか自身が石けんを作って販売したいという夢を抱いていた。隊員の期間中には町内の森山酒造の酒を使った「蜂龍盃(はちりゅうはい)純米酒石けん」を開発。現在は町のふるさと納税返礼品にもなっている。

 隊員期間を終えて昨年秋に現在の場所に移住。離れにあったプレハブを改修し、6畳一間のスペースで今月に開店させた。

 手作り石けんはセリサイトを配合させた「セリサイトホワイト」、ミツバチの蜜を使った「ナチュラルハニー」、米ぬかを使用してバラの香りを楽しめる「米ぬかローズ」、季節限定「ローズマリー」とそろえる。

 体験教室は固形だけでなく液体の石けんづくり、化粧水や乳液づくりも実施する。

 福田さんは「夢がかない、開店することができた。東栄町の人たちと一緒に細く長く愛されるよう続けていきたい」と話す。

 火、水曜日定休。問い合わせはシンプルプラス(050・5375・3385)へ。

関連記事

長野日報社

行動制限ないGW 諏訪地方の観光も好調な入り込み 長野県

春の大型連休(4月29日~5月8日)の長野県・諏訪地方の観光入り込み数は、コロナ前水準への完全回復とはいかないものの、おおむね好調に推移したようだ。期間の初めを除いて好天に恵まれたほか、3年ぶ...

荘内日報社

八色木薬師堂「薬師瑠璃光如来像」御開帳 世界平和願い初の一般公開(鶴岡)

 鶴岡市の藤島八色木薬師堂で8日、お堂に祭られている「薬師瑠璃光如来像」の御開帳が始まった。これまで12年に1度の寅年に八色木地区民しか見ることはなかったが、お堂を管理する堂主の海藤徳之さんと羽黒町手...

長野日報社

文化財デザイン「おたからカード」 長野県伊那市内の文化施設で配布

長野県伊那市教育委員会は、市内の文化施設を巡ってもらおうと、所蔵する文化財をデザインした「おたからカード」を作成した。歴史的資料や絵画、土偶など10種類を300枚ずつ用意。博物館や美術館などを...

北羽新報社

「みどりの日」新緑の藤里町高山を散策

 白神山地世界遺産センター藤里館活動協議会主催の自然観察会「第22回みどりの日の集い」は4日、藤里町で開かれた。時折雨が降り、強めの風が肌寒く感じる天気で山頂からの見晴らしにも恵まれなかったも...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク