全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

待ちに待った図書館開き セレモニーで読み聞かせ 与那国小

与那国小学校の図書館オープニング集会=14日午前

 【与那国】与那国小学校(島袋篤校長・児童70人)の今年度の「図書館オープニング集会」が14日、校内で行われた。セレモニーでは児童4人の図書委員が進行して読書する際の注意や本の借り方、返却の仕方など運営の決まり、気をつけることを説明した。

 新1年生にとって図書館は絵本など楽しい出会いの場である。同館には「みさきよしのぶ文庫」(美崎伊信氏寄贈=石垣在)や「すずきおさむ文庫」(鈴木修氏寄贈=町在)もあり、館全体で約6000冊近い蔵書がある。また、必要に応じ県立図書館から団体枠で借り受けている。

 図書館開きを待ちに待った1年生の女子児童は「初めてだけど図書館での読書は楽しいと思う」とうれしそう。3年の男子児童は「何冊読むか目標はまだ決めてないけれど歴史物語が好きなので、(中国の)三国志を時間をかけて読みたい」と思いを話した。

 オープニング集会には長年、同校で読み聞かせ活動を続けている「おはなし館」=祖納・会員9人=のメンバーも参加した。メンバーは週1回、朝の始業前に幼稚園から6年までの各教室を順次持ち回りで読み聞かせを行っており、年度初めの同集会に合わせて活動をスタートさせた。

 この日のオープニングでは全児童の前で会員の竜門砂月さんが「うんちしたのだれよ」の絵本を読み聞かせた。(田頭政英通信員)

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク