全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

高遠電気軌道設立から100年 鉄道敷設への期待伝える営業報告書

鉄道事業への地元の期待が読み取れる高遠電気軌道の営業報告書

 大正時代に、伊那町―高遠町間に鉄道の敷設を計画した高遠電気軌道株式会社の設立から、今年で100年。計画は実現しなかったが、地元の大きな期待の中で事業が進められていたことは、最近見つかった同社の第3回営業報告書(1922年1月1日~6月30日)からも分かる。軌道敷設のために拡幅整備された道は国道361号として活用され、当時の人たちの思いを今に伝えている。

 高遠電気軌道は1921年1月、県議で実業家の黒河内一太郎氏(1872~1926年)を社長に設立された。資本金は40万円。『高遠町誌』によると、伊那電の伊那北駅を始点・乗り継ぎ駅として、二条橋付近で天竜川を渡り、古町経由で高遠までを鉄路でつなぐ計画だった。当時の伊那町―高遠町間の交通機関は荷馬車のほか1日5~6便の乗り合い馬車、人力車だけで、大量輸送の電車に寄せる夢は大きかったという。

 営業報告書は黒河内社長の家と親戚関係にある黒河内靖さん=伊那市高遠町=が古書店で見つけたもので、書面には事業報告や決算概要のほか、763人の株主の氏名が記されている。地域の実力者が大口の株主として出資しているだけでなく、1株株主が名を連ねており、鉄道事業が地元の多くの人たちから期待されていたことが読み取れる。

 『伊那市史』によると、電車軌道の敷設には条例により規定の道路敷が必要で、軌道敷1間分(約1.8メートル)を道路の片側に設けることを想定した幅員2間(約3.6メートル)の道路への拡幅を進めた。難所の鉾持桟道は当初、トンネルにする予定だったが、黒河内県議らの進言で岩石の大絶壁を破壊し、県道を4メートル下に切り崩して整備した。

 事業は着々と進められ、25年には鉾持桟道の改修を終えていた。しかし、計画の推進役だった黒河内社長が26年に急逝。自動車交通が発達してきたこともあり、構想は実現しないまま会社は解散した。

「志半ばで病に倒れ、さぞかし残念だったことか」と思いやるのはひ孫の黒河内俊さん=同=。「祖父も早くに亡くなってしまったので曽祖父のことはほとんど話を聞けなかったが、今も道として残る偉業に感謝したい」と話した。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク