全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

タケノコの集荷ピーク

タケノコをサイズごとに分ける職員(JA県農産物加工所で)

 宇部市東吉部のJA山口県農産物加工所で、旬の味覚タケノコの集荷が最盛期を迎えている。今年は不作とされる裏年だが、同加工所には連日、生産者が収穫したばかりのタケノコを大量に持ち込み、JAの職員たちが計量やサイズごとの仕分けに追われている。

 昨年までは同加工所で水煮に加工していたが、老朽化により設備が使えなくなったため、JAが山口市と周防大島町にある農林水産物加工業者に出荷している。

 今年は5日に集荷が始まり、15日までに約12㌧が持ち込まれた。今月末までに20㌧の集荷を見込む。多い日は、1日に20人の生産者から持ち込みがあるという。

 職員たちは持ち込まれたタケノコを長さや太さごとに大、中、小に分別。小ぶりなものは西平原4丁目の市中央卸売市場に出荷する。

 JA山口県宇部統括本部指導販売課の田村秀人係長は「昨夏の塩害などもあり、集荷量の低下が危ぶまれたが、春先の天候に恵まれた。少しでも高く売れ、生産者の収入確保につながれば」と話した。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク