全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

スポーツ合宿 回復期待【釧路】

 

釧路市民球場で練習に励む亜細亜大の選手。今年は2年ぶりの来釧が予定されている(2019年8月5日、水谷友路撮影)

釧路市の2020年度スポーツ合宿は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で前年度の団体数は91から32に、人数は2305人から501人に大幅に減少した。市教委スポーツ課によると、21年度は東都大学野球の強豪亜細亜大学、昨年に続き陸上の東京メトロ、川内優輝選手が合宿を予定しており、徐々に例年並みに戻ることを期待している。

 20年度の合宿数は、陸上が15団体と前年度を上回ったものの、アイスホッケーは36団体から9団体と大きく減少。明治大学、中央大学など大学チームは全滅した。恒例の硬式野球のタンチョウリーグも中止となり、野球は1団体にとどまった。

 一方で21年度は3月30日現在、野球の亜細亜大学、陸上の東京メトロ、川内優輝選手のほか、アイスホッケーの明治大学、中央大学も合宿を再開させる見通しだ。タンチョウリーグ、東京五輪・パラリンピックに伴うベトナムパラリンピック選手団の事前合宿も行われる予定。フットサルFリーグのエスポラーダ北海道の初合宿も決まった。

 春休み時期の3月には、一足早くアイスホッケーの滋賀県選抜と帯広三条高校の2団体が合宿を実施。このうち、滋賀県選抜は釧路を本拠地とするひがし北海道クレインズの佐藤博史元ゼネラルマネジャーとの縁もあり、期間中はクレインズの選手が指導。個人能力のレベルアップに取り組んでいた。帯広三条高校は釧路北陽高校、釧路工業高校と合同練習を行っている。

 市教委スポーツ課の米代拓巨主事は「コロナ禍で20年度はアイスホッケーの合宿が激減したが、21年度は合宿の予定が入りはじめており、コロナ前に戻りつつある。スポーツで明るい話題を提供したい」と話している。  同課は合宿誘致についてインターネット交流サイト(SNS)を通じて外部に積極的にPRを行っている。

関連記事

釧路新聞社

キツネ被害 対処方法 市、ホームページに情報掲載【釧路市】

 クマやシカ、野鳥などの野生鳥獣に関する情報発信について、釧路市は新たにキツネの被害と対処に関する情報を市ホームページ(HP)に掲載した。市への問い合わせなどが多いことに伴う取り組み。担当の市環境...

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

紀伊民報社

ロケット発射を海から見よう 串本でカヤックツアーやクルージング

 和歌山県串本町田原で3月9日に発射が予定されている民間小型ロケットの見学場チケットが、販売から2日で完売するなどロケットへの関心が高まっている。そんな中、海から打ち上げを見学してもらおうと、町...

錦町でファイナルセレモニー シンボルストリートテラス終了

苫小牧市の市道駅前本通りをイルミネーションでともす「とまこまいシンボルストリートテラス2024」(市主催)が24日に終了した。この日は錦町の特設会場でファイナルセレモニーが開かれ、約1500人(主...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク