全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

国内最大の新種ムカデ リュウジンオオムカデと命名 本島北部や石垣島などに分布

渓流の水底に身を隠そうとするリュウジンオオムカデ(久米島ホタル館の佐藤文保館長撮影)

 体長約20㌢・体幅2㌢と国内最大のムカデの新種が沖縄本島北部などで発見され、「リュウジンオオムカデ」と命名された。国内でオオムカデの新種が見つかるのは143年ぶり。石垣島や西表島にも生息している。東京都立大と法政大、琉球大などの研究チームが13日、発表した。論文は国際動物学誌ズータクサに掲載された。

 都立大大学院生の塚本将さんと法政大の島野智之教授らの研究チームは、沖縄などで知られていた大きなムカデの生息実態を調査。森林内の水辺で川エビなどを捕食するほか、人が近づくと水中に隠れるなど「半水生」の生活を送っているとみられるムカデを見つけた。本島北部や石垣・西表島のほかに久米島、渡嘉敷島、台湾にも分布している。

 島野教授は「地域の遺伝資源に配慮した研究事例となれば。今後、特に八重山諸島では未知の生物が発見されると思う。地元住民と協力して、保全に努めたい」と話した。

 研究チームは、カワセミに似たヒスイ色の体などの特徴や遺伝子解析から、既知の種とは明確に異なる新種と判断。沖縄の故事でムカデを恐れたとされる「龍神」から、和名をリュウジンオオムカデと名付け、カワセミの学名の由来となっているギリシャ神話の女神「アルキオーネ」にちなみ、学名を「スコロペンドラ・アルキオナ」とした。

 研究チームによると毒を持っており、かまれると危険という。成虫になるまでに5年以上かかると推定され、絶滅も強く危惧されることから「採集・飼育は控え、遠くから見守ってほしい」と訴えている。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク