全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

きょう感染確認から1年 累計302人、経済に打撃 ワクチン接種に活路

八重山で新型コロナウイルス感染が確認され13日で1年を迎える=12日夕、石垣市730交差点

 八重山地区内で新型コロナウイルスの感染が初確認されて、13日で1年を迎えた。八重山で判明した新型コロナ感染者はこれまでに累計302人(12日現在)。県外や沖縄本島から入ってきたウイルスが、飲食、家庭内で広まるケースが散見されている。1年前に比べ、医療は感染症に対する知見や技量を磨き、経済活動は観光産業を中心に思うように伸びていない。ワクチンの一般接種開始を前に「第4波」の影もちらつき予断を許さない状況に変わりはない。

 県によると、八重山でコロナによる死者はゼロ。クラスター(感染者集団)は6例発生。重症化ハイリスク群の感染も一定数いるが、最悪の事態は起きてないという。

 コロナ患者を受け入れる病床は3床だったが、八重山病院と石垣島徳洲会病院を合わせて最大約45床まで収容数を確保できるまでになった。

 PCR検査は、結果判明が2~3日かかる行政検査以外に、石垣市が購入したPCR検査装置をかりゆし病院に設置したことで、即日判明を可能に。1日あたりの検査件数も増やし、市内の感染状況に応じて対象者の枠を拡大。初期段階での封じ込みに重点を置いた。

 診療所しかない竹富町、与那国町は中核病院への搬送や各島で検査体制の前例をつくった。

 観光経済は、GoToトラベルキャンペーンで9~12月上旬ごろにかけ一時的に持ち直したが、第3波到来で需要は再び落ち込んだ。一次産業も消費が伸びず市場で値崩れも発生。行政は消費を喚起しようとあの手この手と対策を打ち出した。小売業の中には、インターネット販売で新たな販路開拓に挑戦する事業者も現れる。

 〝コロナ収束の切り札〟とされているワクチン。八重山では、石垣市で今月25日から高齢者の集団接種を開始する。竹富町も5月8日、与那国町は5月中旬にそれぞれ始まる。

 市産業医を務めるかりゆし病院の境田康二院長は「時間の経過とともに対応方法も明らかに1年前とは変わっている。変わらないとすれば、コロナ前から病院が取っていた感染対策。例えば病院だとマスクやアルコール消毒を行っている。これまで普通の家庭ではやらなかったこと。コロナの流行で、その対策が一般の人たちに求められる」と指摘した。

 ワクチン接種については「打たない理由はない。皆が接種してあと半年か1年で収束させないといけない。接種することでかかりにくくなり、他の人に移さない、重症化もしないというデータも出てきている。ワクチンが大きなターニングポイントになる」と呼び掛ける。

 県内でも拡大する変異ウイルスについて「ウイルスは必ず変異する。このコロナは人の弱いところばかりつけ込んでくる。今やっている感染対策を気を緩めず続けることが大切」と強調した。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク