全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「最後の入学生」決意新た 鶴岡准看護学院 21人誇りと自覚持ち看護の道へ

 鶴岡准看護学院の「最後の入学式」が8日、鶴岡市馬場町の同学院講堂で行われ、男女合わせて21人(男子1人、女子20人)が入学した。ここ数年、学院生の定員(25人)割れが続いていたほか、厚生労働省の新しいカリキュラムに対応する講師(医師)の確保が難しくなり、昨年5月、運営母体の鶴岡地区医師会で閉校を決めた。今回入学した1年生が卒業する2023年3月で60年余りの歴史の幕を閉じる。

 鶴岡准看護学院は、明治時代から存在していたが、1959年に県の認可が下り開設。これまで約1500人が卒業し、地域医療を支えてきた。

 入学式には、保護者や在校生、職員など関係者合わせて約60人が出席。鶴岡地区医師会会長で同学院の福原晶子学院長が「身体だけでなく、心の看護が求められている時代。思いやりや協調性、判断力が備わった人間力というものを磨いて下さい。最後の学院生として全員そろって学びやを巣立つことを願っています」とあいさつした。

 新入生を代表して佐藤梨音(りおん)さん(18)=鶴岡中央高卒=が「最後の入学生として誇りと自覚を持ち、一日一日を大切に過ごしたい。2年後に准看護師になり、社会貢献することを誓います」と決意を述べた。

 新学院生は、午前中に鶴岡市内の開業医などで「看護助手」として実地を積み、午後は学院で勉学に励む。市立荘内病院でも研修を重ね、准看護師を目指す。

福原学院長(前列左から3人目)や職員と記念撮影する「最後の入学生」

誓いの言葉を述べる佐藤さん

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク