全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ぎょうざの宝永新工場稼働 生産能力大幅アップ 「チーズ餃子」人気に火 全国から注文殺到

冷凍餃子製造販売のぎょうざの宝永(鈴木伸豊社長)は、製造工場を苫小牧市青雲町2から市内北星町2に移転した。建物の老朽化に加え、「宝永チーズ餃子(ぎょうざ)」の大人気で生産が追い付かなくなり、面積が広く生産能力も大幅にアップした新工場を6日に稼働させた。新型コロナウイルスの影響で巣ごもり消費が増える中、人気テレビ番組で商品が取り上げられたこともあり、全国から殺到する注文に対応している。

新工場で手作りの餃子を生産する従業員

 同社は2003年10月、十勝管内音更町の店舗からのれん分けする形で開業。もちもちとした独特の食感の皮と、素材や切り方にこだわった餡(あん)を職人が手包みで製造する。

 新工場は木造平屋建て、総工費約8000万円。面積は330平方メートルで青雲町の工場の2倍となり、餃子の生産能力も1日2万個から約3万個に増加した。入り口で、チーズ餃子15個入り(税込み850円)や餃子20個入り(同850円)などを購入できる。

 宝永チーズ餃子は、音更町の店舗と差別化を図るため3種類のチーズを餡に練り込み、12年2月に開発したオリジナル商品。昨年3月にTBS系(HBC)テレビ番組「マツコの知らない世界」で紹介されると注文が殺到し、同4月の売り上げは例年の3倍以上に跳ね上がった。

 今年2月にもフジテレビ系(UHB)「めざましテレビ」や日本テレビ系(STV)「ZIP!」で取り上げられ、人気はうなぎ登り。移転のため3月中旬から生産を一時休止したため、今からネットで注文すると配送は5月以降になる見込み。遠藤卓也専務は「注文増の背景には巣ごもり需要もあると思う。できる限りお客さまの注文に応えられるよう生産していきたい」と話した。

関連記事

帯広の森50年 後世へ シンボルツリーを植樹

 「帯広の森」の造成開始から50周年を迎え、記念植樹と森づくりの集いが19日、市内の帯広の森で行われた。市民ら約100人が見守る中、米沢則寿市長や歴代市長らは新たなシンボルツリーとなるハルニレ...

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク