全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

2年越し念願の入学式 公立諏理大の新2年生 長野県茅野市

新2年生対象の入学式に出席し、記念撮影をする公立諏訪東京理科大学の学生

 公立諏訪東京理科大学(茅野市)は7日、新型コロナウイルス感染拡大の影響で昨春中止した新2年生の入学式を同大で開いた。式典で学長が激励の言葉を贈ったほか、学生は「令和2年度入学式」と記された看板の前で記念撮影。1年前に果たせなかった思い出をつくるとともに、これまで以上に学業に励む決意を固めていた。

 昨春入学した学部生320人と大学院生18人のうち、約280人が出席。小越澄雄学長は、学生運動で授業が1年間行われなかった自身の大学生活を振り返りつつ、「皆さんが味わった孤独、不安感はいかばかりであったか」と励まし、今後の学生生活で「社会で活躍する基礎をつくってほしい」と激励した。

 新型コロナの感染拡大で昨年度のさまざまな行事が影響を受け、新2年生が一堂に会したのはこの日が初めて。授業も多くがオンラインで実施され、サークル活動も制限されるなどして仲間づくりに苦労した学生も大勢いたといい、2年生からは「こんなに同じ学年の仲間がいたんだ」との声も聞かれた。

 週1日程度の通学だったという機械電気工学科の三橋麻貴さん(19)は、女子学生が少ない中で「他の学生とのつながりができずに不安だった」とし、対面授業が8割まで増える予定の新年度で「同じ分野に興味を持つ友人ができれば」と期待。情報応用工学科の伊藤祥さん(19)は「とにかく孤独だった。目いっぱい授業を取り、夢中になれることを見つけたい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

宇部日報社

レノファを応援に行こう、8月3日はホームタウンデー【宇部】

目標は観客動員1万人  サッカーJ2レノファ山口の渡部博文社長とUBEの髙瀬太常務執行役員宇部事業所長は20日、宇部市ホームタウンデー・UBE冠マッチとなる8月3日のリーグ第25節、大分トリ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク