全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

農業者に挑戦!! 県内外の9人夢への第一歩
鶴岡市立農業経営者育成学校「シーズ」第2期生入校式

 鶴岡市立農業経営者育成学校「SEADS(シーズ)」第2期生の入校式が6日、同市千安京田の同校で行われ、いずれも非農家出身の県内外の9人(男7人、女2人)が農業者となる夢に向かい、一歩を踏み出した。

 市が旧いこいの村庄内を改修して昨年4月に開校。2年制で有機農業を中心に農業技術や経営を実践的に指導している。第2期生は20―40代で、前居住地は東京都4人、北海道2人、福島県1人、県内2人。

 この日は県や市、地元の高等教育機関やJAなど支援機関の関係者らを含め約30人が出席。皆川治市長はあいさつで「庄内で受け継がれてきた農業を、持続可能で若者にも魅力あるものにしていくため、有機、循環型農業を進めたい。皆さんの就農に期待している」と述べた。また、新たに就任した百瀬清昭校長(68)=元県立農業大学校長、鶴岡市羽黒町=が「スマート農業の時代といわれるが、農業の基本は農作物と対話する五感を磨くこと。五感の全てを働かせながら育て、育ち、教え、教わって」など激励した。

 第1期生代表の佐藤直樹さん(49)=鶴岡市出身=が「会社勤めなら『環境が悪い』『誰々のせいで…』と言い訳もできるが、経営者になれば全て自分の責任。主体性を持ち、前向きに取り組み、チャンスを広げて」とエールを送った。

 これに応え、第2期生を代表し南澤駿佑さん(26)=横浜市出身=が「さまざまな人とつながり、市の発展と地域の課題解決のため、日々の努力を怠ることなく精進し、未来に向かって成長する」と誓いの言葉を述べた。以前から農業に興味があり、東京の映像制作会社を経て昨春から大江町で果樹栽培を手伝い、就農への思いを強めたという。

 また、地元の情報誌の編集に携わってきた佐藤雅彦さん(40)=鶴岡市出身=は「食材にこだわる店などを取材する中で、農業への思いを募らせた。食べ物の価値は普遍的。変化の激しい時代、そういうものとつながることが生きる力になる。園芸作物を中心に取り組みたい」と話した。

 第1期生13人のうち、7人は辞め、2年次に進んだのは6人。市は本年度、新規就農支援アドバイザーを1人から2人に増員したほか、新たに百瀬校長と農業技術アドバイザー1人を迎え、実践研修の受け入れ農家を拡大するなど支援体制を拡充し、よりきめ細かい指導を行っていくという。

入校式終了後、記念撮影した第2期生の9人

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク