全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

厚真は火打ち石発火方式で 東京パラ聖火リレー採火  1000年前の道内最古の技法

東京パラリンピックの採火について、道内は8月12日から24市町村で採火し、16日に道庁赤れんが庁舎前庭で一つに集火し、東京へ向け出立する。東胆振は1市4町すべてで採火を予定しており、厚真町では14日に軽舞遺跡調査整理事務所(旧軽舞小学校)で式典が行われる。町は遺跡発掘調査で明らかになった「火打ち石発火技法」と呼ばれる約1000年前の道内最古の技法でランタンに採火する内容を計画中。関係者は先人の技術を使って「厚真らしさをアピールしたい」と考えている。

デモンストレーションで火打ち石発火技法を披露する乾学芸員

 町教育委員会によると、火打ち石は厚幌ダムの建設に伴い、2004年の上幌内モイ遺跡の発掘調査で見つかった。調べで擦文時代のものだったことが分かっており、「火打ち石はもともと本州から伝わった発火技術。人の行き来や交流を示す貴重な資料だ」として、同事務所で大切に保管してきた。

 当日は地元で見つかっているメノウやチャートと呼ばれる種類の石を使って火をおこし、ランタンに納める計画。町の歩みをたどることができる資料などを展示する同事務所の見学も検討している。乾哲也学芸員は「貴重な出土品を紹介しながら、歴史についても知ったもらえたら」と話す。

関連記事

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク