全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口東京理科大の入学式、新2年生も

シールド越しに学長あいさつを聞く新入学生(山口東京理科大で)

 山口東京理科大の入学式は5日、山陽小野田市の同校であり、学部生335人、大学院生24人の計359人が希望にあふれる大学生活をスタートさせた。昨年、新型コロナウイルスで入学式が中止となった新2年生ら345人も6日午後、1年遅れの入学式に臨む。    今年の新入生の内訳は工学部が機械工学科64人、電気工学科71人、応用化学科80人。薬学部120人。大学院修士課程22人、同博士課程2人。このうち県内出身者は約3割。コロナ対策として、工学部・大学院、薬学部の2回に分けて式を実施した。    薬学部の式では、入学許可に続き、望月正隆学長が「まず早いうちに明確な目標を持つこと。目標があれば苦労も乗り越えることができる。大学は学び方を学ぶ所。学ぶ術を身に付け課題を解決して」とエールを送った。    池北雅彦理事長、武田健薬学部長が「市民から支援、期待を受ける市立大学であることをかみしめ、地域に貢献する大学を一緒につくろう」と訴えた。新入生は飛沫(ひまつ)対策シールド越しに激励を聞きながら、これから始まるキャンパス生活に心を躍らせていた。    香川県観音寺市出身の大西未沙さんは「小学生の時に小っちゃな薬で病気が治るのが不思議だった。チーム医療への憧れもあり薬剤師を目指した。落ち着いた町で人も優しい印象」と話した。    高知県香南市出身の内田承一郎さんは「人の役に立ちたいと思い薬学部に進んだ。高校時代はバレー部だったが大学では写真部に入ろうかと考えている。縁あって大学生活を送る山陽小野田市のためにも貢献したい」と意欲を燃やした。

関連記事

若雌1類優秀に大海 市畜産共進会 団体賞は下地支部 県上位入賞へ期待込め

 宮古島市畜産共進会(主催・同実行委員会)が13日、JAおきなわ宮古家畜市場で開かれた。3部門に計24頭が出品された。審査の結果、若雌第1類で大海(上野)所有の「たいかいとよひめ」号が優秀賞とJAおきなわ宮...

北羽新報社

金勇で「能代の七夕展」始まる 当番組・萬町組の提灯など展示

 能代市柳町の観光交流施設・旧料亭金勇で13日、同施設の企画展「能代の七夕展」が始まった。8月6、7日に市内で行われる役七夕の当番組を務める萬町(あらまち)組で実際に使われる提灯(ちょうちん)や...

岸田首相が矢作ダムなどを視察

 岸田文雄首相はこのほど、豊田市と岐阜県恵那市にまたがる矢作ダムなどを視察した。県が進める「矢作川・豊川CNプロジェクト」について、林全宏副知事らから説明を受けた。  まず、豊田市西山町では...

北羽新報社

コハクチョウ家族が〝定住〟 能代市赤沼の米代川河川敷

 能代市赤沼の米代川河川敷に年中とどまっているコハクチョウの親子がいる。つがいの一方がけがなどのため飛べずにいるのを気遣い、4年ほど前から渡りの季節を過ぎても夫婦そろって残るようになり、2年前...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク