全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

おいしく家飲みを「摩耶姫」仕上がる
温海の限定酒 10日から販売

 今年で8年目となる鶴岡市温海地域限定の純米吟醸酒「摩耶(まや)姫」が完成し、10日から地域内の小売酒販店などで販売される。

完成した今年の「摩耶姫」の火入れ酒(左)と生酒

 地域の小売酒販店などでつくる「酒徳会」(加盟16店)が2014年から毎年、清らかな湧水で知られる同地域越沢の郷清水で生産された「ひとめぼれ」を100%使い、竹の露酒造(同市羽黒町)に依頼して醸造している。

 精米歩合55%の純米吟醸酒で、アルコール度数15―16度。芳醇(ほうじゅん)な風味と透明感あるうま味、きれいなのど越しが特長。05年から同様に郷清水の「はえぬき」を使い「初孫」の東北銘醸(酒田市)が醸造している本醸造酒「摩耶山」(精米歩合65%、アルコール度数18・5度)が男性的な味なのに対し、女性にも飲みやすいように開発された。

 酒徳会の佐藤満也会長(77)=湯温海、萬来屋酒店経営=によると、今年は「『摩耶山』もそうだが、米の出来が良い上、雪が多く発酵がゆっくり進んだため、例年より一層香りが良く、きれいな味に仕上がった」という。

 通常の火入れ酒1900本(1本720ミリリットル)、火入れしない「生酒」100本の計2000本を販売する。ラベルは生酒が当初から使っているもの、火入れ酒は19年からキャラクター「あつみ詩鶴(しづる)」を描いたものを使い、特に後者は県外からも注文が増えているという。

 佐藤会長は「コロナ禍で歓送迎会や花見も自粛ムードだが、テークアウト歓送迎会(料理と酒を配達してもらい、セレモニーを行った後、料理と酒は自宅に持ち帰り飲食する)など、こういう時だからこそおいしい家飲みを楽しんでほしい」としている。

 価格は火入れ酒、生酒とも1本1650円(税込み)。酒徳会の加盟店(萬国屋、たちばなや、道の駅しゃりんの各売店含む)で販売する。

関連記事

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

帯広・福原がチルド弁当 自社開発、レンジでおいしく 食品ロスも削減

 食品スーパーマーケット地場大手・福原(帯広市、福原郁治社長)は、チルド弁当を自社開発し、「ハピネス・デリカ」のブランド名で販売を始めた。自社工場を持つ強みを生かし、1個400円台(税抜き)の価格...

節目おいしく 音更・ハピオ30周年ハピまん、帯広・東洋食肉10周年鶏まん

 今年で開店30周年を迎えた木野農協系スーパー・ハピオ(音更町、黒田浩光社長)と、開所10周年を迎えた東洋食肉販売十勝事業所(帯広市、片山丈浩所長)はそれぞれ、記念企画として新商品の中華まんじゅう...

長野日報社

南箕輪開発公社 ハナマルキとコラボの「塩こうじプリン」6日から販売 長野県

長野県の南箕輪村開発公社(原賢三郎社長)とみそ・醸造製品メーカー「ハナマルキ」(本社・伊那市)が塩こうじを使った「塩こうじプリン」を開発し、6日から販売を開始する。同公社が企画、販売する人気商...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク