全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の工房・長原さん出場へ 日本最優秀フロマジェ選手権

日本最優秀フロマジェ選手権大会に挑む長原さん(長原さん提供、撮影/大和ちひろ)

 東陽製袋(芽室)が運営するチーズ工房「TOYO Cheese Factory」の長原ちさとさんが、25日に東京で行われる「フロマジェジャパン2021~第3回日本最優秀フロマジェ選手権大会」に出場する。全国で60人、道内では2人しかいないチーズの専門家「フロマジェ」に認定されている長原さん。チーズの知識やカットサービスの技術などを競う大会に向け、「持てる全ての力を出し、十勝のチーズ業界を盛り上げられるパフォーマンスをしたい」と意気込んでいる。

 同大会は一般社団法人日本チーズアートフロマジェ協会の主催。次世代のフロマジェ育成を目的とする。6月6、7日にフランスで開かれる「第5回世界最優秀フロマジェコンクール」の国内予選も兼ねている。

 長原さんは2019年3月に、日本チーズアートフロマジェ協会公式認定資格のフロマジェを道内第1号で取得した。ほかにも「チーズプロフェッショナル」や「チーズ検定講師」の資格を持っている。

 19年開催の大会を実際に目にした時は「雲の上の世界だった。フロマジェの先輩方がキラキラ輝いていた」と圧倒されたが、「私が出ることで十勝のチーズ業界が発展し、プラトー(チーズの知識を持った上で切り方や配置などにこだわった盛り付け)の文化が広まれば」と出場を決意した。22人が応募した1次審査を勝ち抜き、9人のファイナリストに残った。決勝進出は道内で初めて。

 大会では筆記や、チーズを200グラムにするカッティング、テーマに沿ったプラトー制作などのテストを行う。「スピーチテストのテーマは十勝のチーズをプロモーションすること以外に考えられなかった」と長原さん。プラトーは器にもこだわりながら十勝らしさの演出を計画するなど、十勝の魅力を前面に発信する。

 ファイナリストの発表後、1週間は驚きと緊張感で信じられなかったが、徐々に責任感が生まれ、実感も湧いてきた。「自分らしく楽しまなくてはチーズの魅力も伝わらない。十勝のために頑張りたい」と力を込める。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク