全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市 新たなごみ焼却施設完成
DBO方式初導入で整備
売電で市内小中学校への供給も

 鶴岡市の新たなごみ焼却施設(宝田三丁目)が完成し、1日に開所式が行われた。民間事業者に設計、建設、運営を一括発注するDBO(デザイン・ビルド・オペレート)方式を初めて導入して市が整備した。ごみの焼却で発生する熱を利用して発電も行い、施設内で活用するほか、売電による市内小中学校への電力供給にも役立てる。

 1989(平成元)年から稼働していた旧施設の老朽化に伴い、管理棟や駐車場があった場所に鉄骨と一部鉄骨鉄筋コンクリート造り地上5階、地下2階建て、延べ床面積約8000平方メートルの新施設を整備。煙突の高さは59メートル。旧施設と同じストーカ式燃焼炉2炉(1日処理能力計160トン)を備えた。余熱利用の蒸気タービン発電機(3020キロワット)を設け、約6700世帯分の電力に相当する年間約2万メガワットを発電。3分の1を施設内の電力や敷地内のロードヒーティングに利用するほか、残り3分の2を売電する。売電収入は年間2億円弱を見込んでいる。

 建設事業費は127億9476万円で、設計・施工は日立造船・佐藤工務・鶴岡建設特定建設工事共同企業体が担当。本年度から20年間の運営業務は、日立造船グループを中心に設立した特別目的会社「つるおかエコ・アース」が85億2830万円で担う。

 試験運転を経て供用開始となった1日に開所式が行われ、関係者約40人が出席。代表者が完成を祝いテープカットし、皆川治市長が「鶴岡市民、三川町民の衛生的な暮らしを支える中核施設。電力の地産地消にも取り組み、資源循環型のエネルギー拠点として運営する」とあいさつ。処理を委託する阿部誠三川町長は「地域の環境保全のため、町としてもごみ減量などにしっかりと責務を負う」と来賓で祝辞を述べた。

 新施設には環境学習やトリックアート、発電体験、焼却炉内の様子を体験する各種コーナーが設けられ、一般の施設見学は5月10日(月)からの受け入れを予定している。旧施設は本年度に設計を進め、今後解体する。

余熱利用の発電設備などを備え供用開始した新ごみ焼却施設

開所式でテープカットし、新施設の完成を祝った

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク