全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」公益大が3タイプで選定 特色ある教育や地域貢献評価
さらに革新的な取り組み加速へ

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)は本年度、文部科学省「私立大学等改革総合支援事業」の全4タイプのうち3タイプで選定された。これまで展開してきた各種事業などが評価されたもので、3タイプ選定は北海道・東北地域では唯一。

 文科省は本年度、仮想空間と現実空間の融合によって経済発展と社会的課題解決の両立を図る「ソサエティ5・0」の実現に向けた特色ある教育研究の推進や、地域社会への貢献など全学的・組織的に改革に取り組む私立大学を重点的に支援する同事業を展開。▽ソサエティ5・0の実現に向けた特色ある教育の展開(タイプ1、110校程度)▽特色ある高度な研究の展開(タイプ2、50校程度)▽地域社会への貢献(タイプ3、165校程度)▽社会実装の推進(タイプ4、95校程度)―を広く公募した。

 これまでの成果・実績を考慮し審査の結果、公益大は1、2、3の3タイプで選定を受けた。特別補助交付金としてタイプ1、3は1000万円程度、タイプ2は2000万円程度を受け今後、革新的な取り組みを加速させる。公益大によると、全タイプ選定は7大学、3タイプは公益大を含め19大学という。

 29日に会見した神田学長は、特にタイプ1の選定に関し「公益大では新年度以降、2つの専門を学ぶ『ダブルメジャー制』、大量のデータを分析する力を養う『データサイエンス』を取り入れる。ダブルメジャー制では文理融合などを進め、これまでにない新しい解決策を見いだすことのできる、社会に貢献できる人材を育成したい」と話した。

選定を受けて会見する神田学長(右)。左は三木潤一学部長・教授

関連記事

紀伊民報社

「イノブターダービー」中止 飼育数減少が影響

 和歌山県すさみ町のすさみ海水浴場で毎年5月3日に開かれている「イノブータン王国建国祭」の名物イベント「イノブタダービー」が、今年は中止されることが分かった。主催の実行委員会は「イノブタの飼育数...

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。  マンガリッツァ豚は、ハンガ...

荘内日報社

「SVリーグ」に参入決定!! “世界最高峰”目指し新設「ファンと共に戦う」 ラ..

 ジャパンバレーボールリーグ(JVL)は17日、都内で会見を開き、10月に開幕するトップリーグ「大同生命SVリーグ」男女のリーグ編成を発表した。先にSVクラブライセンスの交付を受けていた、酒田市を拠点...

宇部日報社

市が新たに電動自転車20台導入 シェアサイクル実証事業 観光客の需要を見..

 山口市は15日、2020年から行っているシェアサイクル実証事業で、新たに電動自転車20台を導入した。市民からの要望に加え、米有力紙の特集「今年行くべき旅行地52選」に選ばれたこともあり、国内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク