全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「なつぞら」番長 「青天を衝け」語る 清水でNHK文化セミナー

撮影の舞台裏などを語る(右から)友吉さん、板橋さん、福岡さん

 今年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」の出演者らを招いたNHK文化セミナーが27日、清水町文化センターで開かれた。主人公の渋沢栄一(1840~1931年)は清水開拓の礎となった十勝開墾合資会社の設立にも関わっただけあり、多くの町民が撮影の裏話などに興味深く耳を傾けた。

 幕末から明治の国づくりに深く関わった渋沢の半生を描いた物語。十勝が舞台のNHK連続テレビ小説「なつぞら」に出演した吉沢亮さんが渋沢を演じる。

 セミナーには同じくなつぞらで「番長」を演じた板橋駿谷さんと、「青天を衝け」で芸能考証を担当する友吉鶴心さん、制作統括でなつぞらでもプロデューサーを務めた福岡利武さんが出演した。

 剣士真田範之助を演じる板橋さんは出演が決まった昨年春以降、リモートで殺陣の練習を重ねたという。吉沢さんと木刀を交えるシーンでは「際どい所を攻めてくれと言われたが、主役にけがをさせないよう緊張した」と明かした。

 友吉さんは1秒のシーンを撮るために、時には古事記までさかのぼって文献を調べ尽くすといい、「例えばただ太鼓を打つだけのシーンでも、私たちにとっては大切な一瞬」とこだわりを語った。

 板橋さんは「渋沢が生きたのは時代が変革していく大変な時期で、価値観がすごく変わっていく今の日本とリンクする。日本を良くしようとした渋沢たちのエネルギーがどう転がっていくか、わくわくしながら見てもらいたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク