全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

電車に「乗」って「城」へ行こう

渥美線・市内線共通1日乗車券発売へ

 電車を使って観光名所の城跡を訪ねてもらおうと、豊橋鉄道は豊橋市と田原市と共同で、吉田城と田原城の「御城印(ごじょういん)」と「御乗印」(発音同じ)をまとめた「渥美線・市内線共通1日乗車券」(1800円)を4月1日から限定500セットで販売する。  

 新型コロナ感染症の影響を受ける公共交通機関の利用促進を狙い、昨秋から3者共同企画を本格化させた。豊鉄が複数自治体と商品を共同企画するのは初めて。

 共通1日乗車券に「御乗印」と「御城印」の引換券2枚が付く。吉田城と田原城の窓口で各御城印と交換する。乗車券は1日限りのため、引き換えを5月末までにした。

 証書ははがき大で、筆文字の会社名や城名に社印や城主の家紋などを配し、印刷後に金銀の箔押しなどを施した。三つ折りの乗車券の内側は証書の台紙になり、下段はスタンプ欄もある。

 豊鉄「御乗印」と吉田城「御城印」は豊橋市出身のデザイン書道家、鈴木愛さんが揮ごう。御城印の家紋は酒井忠次版を採用した。

 田原城「御城印」は田原藩ゆかりの押絵画家、宮川春汀の桜と歴代城主の三宅、戸田の家紋を金銀の立体加工にした。

 豊橋鉄道によると、コロナ禍で渥美線と市内線の利用者数は3~4割減少した。企画に携わった豊橋鉄道事業推進部の馬渕裕介係長は「電車に乗って人気のお城を巡ってほしい」と期待した。

 問い合わせは、1日乗車券と御乗印は豊橋鉄道(0532・53・2134)、御城印は豊橋市都市交通課(0532・51・2620)、田原市博物館(0531・22・1720)へ。

関連記事

長野日報社

茅野駅周辺「本でつながり」 長野県茅野市が空間利用の社会実験

 長野県茅野市は、「本を通じて人がつながる」ことを目指してJR茅野駅周辺で空間利用に関する社会実験を行っている。同駅の自由通路では「本の巣箱」と名付けて本棚を置いて本を貸し出し中。駅利用者が本...

米原利用ルール順守を 注意喚起看板設置 ビーチジャーニーが寄付

 米原海岸の駐車場2カ所に米原海岸の利用ルールを表示した畳ほどの大きさの看板2枚が15日までに設置された。石垣島米原海岸自然保護協会(花城康志代表理事)がチャリティーアクセサリーショップの「Beac...

長野日報社

諏訪湖一周で「スワイチ」認定証 湖周3観光協会が連携企画 長野県

諏訪湖一周を「スワイチ」と呼びます―。長野県にある諏訪湖の湖周2市1町の観光協会が連携し、諏訪湖一周を通じて諏訪湖の魅力を体感、発信する企画を始めた。第一弾は15日から、自転車で楽しむ「スワイチ...

長野日報社

企画展「背中から見る土偶」 長野県茅野市尖石縄文考古館

 長野県茅野市尖石縄文考古館は、土偶を後ろ向きに展示した企画展「背中から見る土偶」を開いている。同館は「手抜きのない背中の造形美もじっくり見てもらえれば」としている。11月23日まで。  同館に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク