全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

第42代ミス発表 八重山の魅力発信に決意

第42代ミス八重山に就任した右から星の砂・杉本優美さん、南十字星・名嘉亜加音さん、サンゴ・高嶺彩海さん=20日午前、竹富島コンドイ浜

 【竹富】八重山の海びらき2021で第42代ミス八重山の発表があり、南十字星に名嘉亜加音さん(26)=石垣市新川出身、星の砂に杉本優美さん(22)=同平得出身、サンゴに高嶺彩海さん(22)=同川平出身が就任した。3人は石垣ブルーを基調とした衣装に身を包み、八重山の魅力を国内外に伝えていく決意を示した。

 3人はステージで紹介され、「私は八重山の食べ物が大好きで食文化について学んできた。島自慢の食をはじめ、島々の魅力をPRし、八重山ファンを増やしていきたい」、「愛する八重山諸島の観光親善大使として活動させていただけることをうれしく思う。星の砂の名称のように輝くミス八重山になれるよう励んでいく」、「大好きな川平湾をはじめ、真っ青に輝く海。緑の大自然に囲まれた八重山諸島の歴史や文化、魅力を島言葉を用いて発信していきたい。島の太陽のような存在になれるよう、ビッグスマイルで1年間務めたい」と抱負を述べた。

 ことしの衣装は㈲みね屋が担当し、新型コロナウイルス禍の先に人・地域・国々との交流や個々の希望がかなえられることを願って制作した。

 ミンサー手織りの石垣ブルーグラデーションカラーを取り入れた。疫病退散のアマビエをイメージし、重ねのドレープと袖が特徴のワンピースとベスト。幸せや希望のシンボルとして活躍する特別な年の「ミス八重山アマビエ衣装」との期待が込められている。

 第42代ミス発表前に第41代の3人が支えてくれた人たちに感謝のあいさつをした。

関連記事

宇部日報社

未入力

 県と山陽小野田市主催のシニア向けeスポーツ体験会が31日、厚狭地区複合施設で開かれた。60~80歳代の16人が参加し、健康づくりに役立てようと、パズルゲームとリズムゲームに挑戦。頭を使ったり...

長野日報社

長野県人口22年ぶり社会増 総人口21年連続減少

 長野県は1月31日、毎月人口異動調査に基づく2022年の人口増減を公表した。外国人を含む県の総人口は23年1月1日現在201万6467人で、前年同日と比べて1万3074人(064%)減り、21年連続で減...

北羽新報社

八峰町の小池さん、作曲家プッチーニ直筆手紙を寄贈 アトリオンで公開

 秋田市中通のアトリオンで、オペラ「蝶々(ちょうちょう)夫人」や「ラ・ボエーム」などで知られるイタリアの作曲家プッチーニ(1858~1924年)の直筆手紙が展示されている。八峰町八森の小池加...

ZTF彗星 石垣島天文台が撮影成功 冬の夜空に緑の光

 石垣島天文台は1月31日明け方、ZTF彗星の撮影に成功した。  昨年3月に発見された彗星で、太陽光の影響で核の周りに明るい緑色の輝きを放つのが特徴。  今年1月から2月にかけて地球に接近する。1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク