全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

美和ダム巨大ストックヤード 試験運用前に見学会 長野県伊那市

高所作業車に乗って高い位置から美和ダム再開発ストックヤードを眺める参加者=伊那市長谷

 国土交通省三峰川総合開発工事事務所は20日、伊那市長谷黒河内の美和ダムに設けた「再開発ストックヤード」の見学会を現地で開いた。新年度からの試験運用を前に、ダム長寿命化の目的で建設した国内初の巨大な「湖内堆砂対策施設」を一般に公開。参加した住民30人は、高所作業車に乗って高い位置からヤード全体を見渡し、「すごい大きい」などと歓声を上げた。

 ストックヤードは、長さ220メートル、幅40メートル、高さ5.5メートルのコンクリート製構造物。ダム上流から湖内へ流入する土砂を一度蓄え、増水時にダム西側の土砂バイパストンネルへ向けて水と共に流し、湖内の土砂堆積を軽減する。

 施設は2015年に着工。新年度から3年間を掛けて試験運用しデータを収集する。今後、湖底にたまった土砂を吸い取るポンプ式のしゅんせつ船を配備。船とストックヤードを配管でつなぎ、土砂が混じった水ごとヤードに送って、土砂だけを蓄える作業にも入る。建設費を含む総事業費は約523億円。

 見学会で参加者は、国交省の職員から施設の概要や一連の施設が長年の実験を経て実現した経緯を聞いた。続いて高所作業車で展望体験や工事で空撮に使う小型無人機(ドローン)の操縦、最後はヤードの壁面に思い思いの落書きをして楽しんだ。

 参加した長谷小4年生の児童は「施設の大きさに驚いた。今はきれいな床だけど、砂が入ったヤードも見たい」と期待した。三峰川総合開発工事事務所の佐口克彦副所長は「施設は外から見るのと内側から見るのではイメージが違う。工事への協力をいただいた地元の皆さんに中を見てもらえてよかった」と話した。

関連記事

まちなか小劇場 息遣い間近に 「平原通り」こけら落とし満席 帯広

 帯広市中心部の商業ビル地下に誕生した民間の小劇場「平原通り小劇場」(西2南9)が15日、オープンした。こけら落とし公演には演劇ファンや関係者などが訪れ、昼・夜の部ともに全席完売と、好調な滑り...

数十年に一度開花 奄美大島でリュウゼツラン

 数十年に一度だけ咲くというリュウゼツランの花がこのほど、鹿児島県奄美大島の龍郷町にあるホテルカレッタで開花した。4メートル超の高さまで伸びた茎先に黄色い花を付けている。  場所はエントランス...

長野日報社

長野県中川村発「南信州レモン」 ブランド化図る取り組み開始

 マイヤーレモン栽培の県内先駆者で長野県中川村片桐南田島の矢澤義幸さん(56)が、住民有志と協力し、同村発で周辺の産地化を進め「南信州レモン」としてブランド化を図る取り組みを始めた。商標登録し統...

高校野球愛知大会 組み合わせ決まる

 28日に開幕する「第106回全国高校野球選手権愛知大会」(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の組み合わせ抽選会が15日、刈谷市総合文化センターであり、181校、173チームの組み合わせが決まった。開会...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク