全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

災害時停電にEV活用 長野県辰野町が日産と連携協定

協定締結に続く電力供給のデモンストレーションで日産の代表者から説明を受ける辰野町の武居町長(左から2人目)ら

 辰野町は17日、日産自動車(横浜市)および県内の販売会社2社と、電気自動車(EV)を活用する災害連携協定を結んだ。災害時に大規模停電が起きた際、町要請で同社からEVの無償貸与を受け、避難所などへ派遣して住民生活を支援する内容。「走る蓄電池」として注目されるEVの機能を最大限生かし、災害の備えと対応力向上を図る。同協定は県内4例目で、上伊那地方の市町村では初めて。

 町は昨年12月、地元企業の寄付金で同社製のEVを配備して環境保全や防災対策を強化。同社は2019年の台風15号で千葉県の被災地へ50台以上のEVを電力源で貸し出すなどした支援実績があり、双方が取り組みを評価し合う中で協定が実現した。

 協定は日産自動車のほか、販売会社の松本日産自動車(松本市)、長野日産自動車(長野市)との間で締結。町は災害時、まず所有するEVと持ち運び可能な給電器を使用。電力が不足した場合、販売会社が店舗から1台ずつEVと給電器を貸与する。

 避難所では、EVの電力をスマートフォンの充電をはじめ、照明や冷暖房、調理器具への給電などに活用。車両1台が満充電62キロワットの状態で、3日間程度の生活電力に対応する。避難が長期化した際は、車両の入れ替えで安定的に電力を確保できるという。

 協定の調印式で、武居保男町長は「先進的にEVを普及している企業との協定を頼もしく感じる。これを機に、環境にやさしく災害に強いまちづくりにまい進したい」とあいさつ。同社関東リージョナルセールスオフィスの高田泰伸部長は「本来の移動手段を超えた機能でEVの果たす役割は大きい。今後も県内へ連携の輪を広げられれば」と期待を寄せた。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク