全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

バイオ燃料とハイブリッドドローンで試験 島間物流に成功 ユーグレナ社など

竹富港からクルマエビを運ぶハイブリッドドローン=16日午前、八重山漁協近くの石垣漁港

 バイオ燃料を生産する㈱ユーグレナ(出雲充代表取締役社長)=東京都=と、エンジン発電機搭載型のハイブリッドドローンを開発する㈱エアロジーラボ(谷紳一代表取締役)=大阪府=が16日、ハイブリッドドローンにユーグレナバイオ燃料を使用した日本初の物流実証試験を竹富島・石垣島間で行い、成功させた。離島間物流の課題を解決する1歩としている。

 バイオ燃料はユーグレナ社のバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで製造されたもので、微細藻類ユーグレナと使用済み食用油などを原料とする。燃料の燃焼時に二酸化炭素を排出するが、ユーグレナが光合成によって吸収するため、排出量実質ゼロのカーボンニュートラルを実現している。

 エアロジーラボ開発のハイブリッドドローンは発電機を搭載しているため最大150分の飛行が可能。重量は20㌔。最大積載量は4㌔。2020年10月に開発、ことし2月からはKOBASHI HOLDINGS㈱(小橋正次郎社長)=岡山県=の子会社と量産体制を構築している。

 実証試験では、ユーグレナ竹富エビ養殖㈱で生産された活クルマエビ1㌔を発泡スチロールに梱包してドローンに積載。竹富港を離陸して高度100㍍の上空を飛行、約15分後に石垣漁港に着陸した。

 出雲社長は「目的は離島振興。クルマエビなど高付加価値のものやワクチンなど大切なものを運ぶことができる。成功したことで利活用の範囲が広がる」と期待。

 谷社長も「ハイブリッドドローンは島しょ部の物流に適している。バイオ燃料なので地球に負荷をかけない。離島の問題解決に頑張りたい」と話した。

 実証試験にはKOBASHI HOLDINGSと㈱リバネス(丸幸弘代表取締役グループCEO)=東京都=が協力した。

関連記事

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

釧路新聞社

釧路の名産品動画で紹介 鬼霧シアンさん配信【釧路市】

 釧路市を拠点に活動するバーチャルキャラクター「鬼霧シアン」さんが、釧路の名産品を動画で紹介する新動画「買っていいとも!」を、ユーチューブで配信している。鬼霧さんは「楽しい番組に仕上げているのでぜ...

釧路新聞社

阿寒国立公園誕生の背景と物語 佐藤、松橋、塩さん「復刻三恩人」発行【釧路..

 「無名だった阿寒はなぜ日本初の国立公園指定に含まれたのか?!」というメッセージを込めた著書が、日本の国立公園元年・阿寒摩周国立公園が指定されて90周年を記念して「復刻阿寒国立公園の三恩人+プラス...

荘内日報社

球春到来!! 平田杯13年ぶり単独開催 高校野球 庄内10チーム20日まで熱戦

 第98回平田杯庄内高校野球大会が13日、鶴岡ドリームスタジアムで開幕した。爽やかな晴天の下、球児たちがはつらつプレーを繰り広げ、庄内に「球春到来」を告げた。  同大会は1927年に鶴岡野球協会(現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク