全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

「協働ロボット」可能性学ぶ

人と一緒に働くことができる「協働ロボット」を実演

 人と共に働く「協働ロボット」について理解を深める技術講演・実演会が20日、三川町の県工業技術センター庄内試験場で開かれ、これまでの産業用とは異なる協働ロボットが持つ可能性に触れた。

 同庄内試験場を事務局に庄内一円の中小企業174社が加盟する庄内工業技術振興会(板垣昌之会長)の電子技術研究会(渋谷賢治会長)が主催。県工業技術センター(山形市)では2015年10月、ロボットに関する情報共有、技術開発の振興を目的に「やまがたロボット研究会」を設立し、経済産業省の補助を活用し各種ロボットを導入し企業がロボットに触れる場を開設しているが、費用対効果が分からない、中小企業が求めるロボットラインを受注できる企業がないといった課題があるという。

 こうしたことを背景にまずは協働ロボットへの理解を深めてもらおうというもので、この日は会員企業から33人が参加。初めに県工業技術センターの一刀弘真主任専門研究員が「IoT協働ロボット仮想生産ラインのご紹介」として、労働安全衛生法の規定で防護柵を設置するなどの安全対策が必要だった従来の産業用ロボットと異なり、人と同じ空間で作業できる協働ロボットについて説明。プログラミングも簡単になり、「現場作業の女性でも入門しやすい」などと最近の傾向を紹介した。

 引き続き、住友重機械工業(東京都)が取り扱う協働ロボット「ソーヤー」について企業担当者が説明し、実演。柔軟な動きでぶつかっても人が巻き込まれないといった安全面、簡単な操作手順を紹介。「人手不足となる中、単調な作業や夜間の仕事などにメリットがある」などと話した。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク