全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

今年の北海道農業を象徴する漢字は「種」-JA道中央会

今年の漢字に「種」を選んだJA道中央会の飛田会長=20日午後、札幌市中央区の北農ビル

 JA北海道中央会の飛田稔章会長は20日のJAグループ北海道の定例記者会見で、2017年の北海道農業を象徴する漢字に「種」を選んだと発表した。

 09年から毎年、漢字一文字を選んでいる。今年の「種」については「昨年の台風の甚大な被害を乗り越え、農業者、JAグループが一丸となって種をまき、北海道全体として豊かな秋を迎えられた」ことを理由の一つに挙げた。

 さらに飛田会長は、日本と欧州連合(EU)との経済連携協定、環太平洋連携協定(TPP)11など「国際貿易が情報不足の中、矢継ぎ早に妥結し、将来に対する不安の種が生じてしまった」ことも選定理由と強調。

 来年4月に都道府県が稲などの種子を生産する根拠となる主要農作物種子法が廃止されたことも挙げたほか、「担い手対策事業などJAグループ北海道の新たな取り組みに加え、北海道大学との包括連携協定の締結など未来に向けた種をまいた年でもあった」と説明した。

 飛田会長はこの1年を振り返り「政治、経済、国際関係など、北海道農業の将来に対する変化の予兆が現れた年として『種』を選ばせてもらった」と語った。

関連記事

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク