全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

海外回復、近場は温泉 年末年始最大10連休 十勝

ハワイ旅行などのパンフレットを取りそろえる旅行会社(JTB北海道帯広支店)

 年末年始の旅行動向は最大10連休が取れる日並びの関係などから、全国的に好調に推移している。帯広市内の旅行会社でも海外が回復、家族利用などで近場の温泉の人気も高く、予約は前年より増えている。昨年、十勝を襲った台風災害を受けての自粛傾向は、払拭(ふっしょく)されたようだ。

◆「台風」反動で2割増  多くの企業の正月休みは30日から1月3日までの5連休。ただ、平日の1月4、5日を休むと最大10連休となり、比較的、日並びに恵まれている。管内町村役場も10連休となる。

 こうした中、海外旅行は増加傾向に。JTBの全国調査によると、年末年始(23日~1月3日)の海外旅行人数は過去最多の70万4000人(前年比2.8%増)となっている。国内旅行は2957万人(同0.9%増)。

 十勝も同様の傾向で、JTB北海道帯広支店では海外旅行が前年比1割増。特にハワイは4割増、グアムは1割増となっている。海外旅行は近年、テロなど不安定な国際情勢を受け敬遠されていたが、久々の回復に。森下勉支店長は「台風災害で前年は旅行を自粛した人の、反動もあったのでは」と分析する。国内は1割減だが、熊本地震からの回復もあり、九州方面は4割増となっている。

 ゴルフツアーで海外に行く人も多い。名鉄観光サービス帯広支店のゴルフツアー利用者は2割増で、静岡や房総方面のほか、台湾の高雄なども人気だ。「ゴルフツアーは毎年2割ずつ伸び、今後も期待できる」と谷藤正則支店長。国内を含む予約は例年より1割増、台風の影響があった前年からは2割増。十勝川温泉や層雲峡、阿寒など近場の温泉の需要が高い。

 ◇ ◇ ◇

 「安・近・短」傾向が強いのは、近畿日本ツーリスト北海道帯広支店。予約の8割が道内旅行とし、十勝川温泉や阿寒に家族3世代や数家族同時で訪れるケースが目立つ。馬場裕美子店頭チーフは「十勝への帰省に合わせ、ゆっくり温泉で過ごす家族が多いのでは」と話す。高野山や寺を巡るツアーなどで道外で過ごす人もいる。

 関係者によると、ここ数年、交通機関や宿泊施設の価格が高騰する年末年始を避ける傾向が強まっている。今回も価格が戻る1月2週目以降に、東京ディズニーリゾートや海外旅行を計画している人が多い。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク