全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

“山居島”歴史散歩楽しむ 酒田

ジオガイドとまち歩きツアー

 鳥海山・飛島ジオパークの再認定を記念した「さかた界隈(かいわい)まち歩きツアー」が7日、酒田市の希望ホールを発着点とする市中心部で行われ、青空が広がる好天の中、ジオパーク認定ガイド、市交流観光課職員の案内で参加市民らが街歩きを楽しんだ。

ジオガイドらの案内で山居倉庫を見学する参加者たち=7日午前

 ジオパークは、地球の活動がよく分かる地質や景観が大切に守られ、教育や持続可能な開発に活用されている地域。2016年に日本ジオパーク委員会(JGC)の認定を受けた同ジオパークは、教育活動やジオツーリズム、認定品制度の創出などで「他のジオパークの参考になる優れた取り組みも確認できた」と高い評価を受け、先月5日に再認定された。

 ツアーは再認定を祝うとともに、市民から「世界ジオパーク」を目指す機運醸成を図ってもらおうと、先月に計3回実施した「日和山編」に引き続き、「山居編」と銘打ち市が企画。希望ホール発着で山居倉庫(山居町一丁目)、酒田町奉行所跡(本町一丁目)、本間家旧本邸(二番町)を巡った。

 このうち昨年11月に国の文化審議会が史跡指定を答申、官報による告示を待つばかりとなっている山居倉庫では、ジオガイドが「倉庫内の神社は『三居神社』。誤字ではなく、3つの神社が集まっているから」「立地する箇所は最上川と新井田川の土砂で出来た中州。以前は山居島と呼ばれていた」などと紹介。参加した市民ら約20人はメモを取りながら熱心に聴いていた。

 同様のツアーは今月13日(土)にも開かれる。定員は先着20人で直接、午前10時まで出発地の希望ホールへ。参加費は200円(中学生以下は無料)だが、街歩きの様子を会員制交流サイト(SNS)で紹介した人には返金する。マスク必須。雨天中止。問い合わせなどは市交流観光課=電0234(26)5759=へ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク