全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

復興支援で新会社 福島の特産ネット販売/起業支援 帯広

 帯広を拠点に地域活性化などに取り組む自営業の2人が、東日本大震災で事故が起きた福島第1原発近郊地域の経済復興を支援しようと、現地の事業者と新会社「福島311」(本社福島県川内村)を設立する。登記日は震災から丸10年の11日に決めた。生産者らの自立を想定した自社ECサイトなどで福島産品をネット販売するほか、全国の災害過疎地も加え、ネットビジネスで起業する人のサポートにも取り組む。

インターネットで販売予定の川内村の特産を抱えPRする(左から)中村さんと岡田さん

 2人は、一般社団法人「北海道プロデュース」(帯広)や個人商社「ナカイチ・アジア・ビジネス」(同)の代表中村真也さん(48)と、ネット販売やポータルサイト運営などを手掛ける「北海道キャピタル」(同)社長の岡田知己さん(50)。福島側はティーズ・プランニングルーム(川内村)社長の渡辺正さん(54)。新会社は渡辺さんが社長で2人が取締役。

渡辺正さん

 渡辺さんは東京電力の福島第1原発から30キロ圏内の同村で生まれ育ち、一度は故郷を離れたが、震災後に再び戻り、商工会復興支援員を務めた。「作り手がプライドを持って生産した品が販路の問題などで成果が出ない状況を打開したかった」と力説する。

 同村を含め原発事故の影響で避難を余儀なくされた12市町村を対象に国などは各種支援事業を展開。その一つ、経産省の委託事業に参加し、2019年に外部支援者の岡田さんと出会い、事業概要を詰めた。その後、岡田さんと親交があった中小企業庁ふるさとプロデューサーの中村さんも加わった。

 新会社の特産品の通販事業として、ポータルサイト(仮称・福島かってがっしぇ市場)を開設し、楽天市場など大手モールへの出品も行う。生産者や製造者は1日1000円と、売り上げの18%の費用を払って商品を用意する。岡田さんがスキーム(枠組み)を整備し、「手間もなく経費は通常より安くできる」という。

 4月にも業務を開始する。まずは同村製造の蕎麦(そば)ビールやイワナのアヒージョ、日本酒など12種。11市町村からも出品を呼び掛け、24~36品ほどまで増やす。PR企画は中村さんが担うほか、出品者は岡田さんからネット販売のノウハウなども学べ、将来的には同サイトを卒業し、自身でネット販売を行うことを目標とする。

 岡田さんはもう一つの柱事業、災害被災地や過疎地を対象に、結果の出るネットビジネスをサポートするポータルサイト運営も手掛ける。中村さんは「3人の出会いは奇跡だが、地方創生への思いは共通。十勝の特産サイトも作り、地域交流も図りたい」としている。詳細は専用HPか中村さん(nakaichi.asia@gmail.com)へ。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク