全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

照葉樹の森の生物学ぶ 小中学生20人、認定ガイドと金作原散策 奄美市名瀬

認定ガイドと国有林の金作原を散策する子どもたち=6日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市名瀬の金作原国有林で6日、奄美群島の認定ガイドが地元の子どもたちを案内するイベント「子ども金作原ツアー」があった。小学5年生から中学3年生まで20人が参加。亜熱帯照葉樹の森にすむ希少な動植物について学び、奄美の豊かな自然の魅力を体感した。

 金作原は奄美大島を代表する自然観察スポット。世界自然遺産登録による観光客の増加を見据えて2019年2月から、環境保全と質の高い自然体験の両立を目的に、利用者へ認定ガイドの同行を求め、車両台数を制限するなど利用規制を行っている。

 ツアーは、子どもたちに貴重な自然を守りながら観光利用する方法を考えてもらう機会にしようと、奄美市紬観光課が主催。奄美大島エコツアーガイド連絡協議会(喜島浩介会長)の認定ガイド4人が講師を務め、午前と午後の2回実施した。

 一行は名瀬市街地からバスで現地に向かい、国有林内の金作原林道入り口から4班に分かれて、往復約2キロのコースを散策した。

 喜島会長は「森を歩くときは静かに音に耳を澄ませて」とアドバイス。参加者は野鳥の鳴き声を楽しみながら、路傍を彩る希少な植物やヒカゲヘゴ、オキナワウラジロガシの巨木などを観察した。

 参加した小中学生らは「道路を作ることで風が通り抜け、木が倒れてしまうと聞いて、人間の手で自然を壊していることもあるんだと強く感じた。こんな機会がないと山に入ったりしないので、もっと友達とかにも話したりして知ってもらいたい」「見たことがない木とかがいっぱいあってすごかった。シマサルスベリを覚えた。楽しかった」と笑顔を見せた。

関連記事

紀伊民報社

50年間で1度上昇 紀伊水道の海水温 和歌山県水産試験場解析

 和歌山県水産試験場(和歌山県串本町)は、紀伊水道(瀬戸内海東部海域)の観測データを解析して、海水温が50年間で1度の上昇傾向にあることを明らかにした。また、透明度も上昇傾向にあることが分かった...

駅舎一面の切符見納め 帯広・幸福駅 27日に撤去 建て替え10周年

 帯広市の観光名所「旧国鉄広尾線幸福駅」(幸福町東1線)の駅舎が2013年の建て替えから10周年の節目を迎え、駅舎に貼られた切符が27日早朝に剥がされることになった。駅舎内の壁いっぱいに切符が...

荘内日報社

天神祭始まる 「化けもの」5年ぶりに酒振る舞う

 学問の神様・菅原道真公を祭る鶴岡天満宮の祭礼・天神祭が24日、同天満宮での大絵馬奉納で始まった。コロナ禍で中止していた化けものによる祭り客への地酒やジュースの振る舞いが5年ぶりに復活。いつもながらの...

宇部日報社

トビタテ!宇部高専生 3年生5人が文科省の留学支援制度に採択【宇部】

 宇部高専(金寺登校長)の3年生5人が、文部科学省の留学生支援制度「トビタテ!留学JAPAN」新・日本代表プログラム高校生コースの第9期に選ばれた。今年度の応募総数1566人のうち採択者数は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク