全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

道の駅から往復5キロ 長谷で自動運転車実験

実証実験のルート図

 国土交通省が伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」を拠点に行う自動運転車の実証実験で20日、地元関係者らによる地域実験協議会が長谷で開かれた。道の駅と美和診療所、長谷総合支所を結ぶ国道152号をメインにした往復5キロのルートで行い、市民ら約100人を乗車モニターとして募集するとした実施計画案を承認。モニターや近隣住民にアンケートを実施して、自動運転の社会受容性を検証する。小型無人機ドローンなど新産業技術を連携させる伊那市の物流の仕組み作りを踏まえ、人と荷物を同時輸送する「貨客混載」をこの実験で行うなど、地域効果を幅広く調べる。

 乗車モニターは小学生以上の伊那市在住、在勤、在学者が対象。モニター対象のアンケートでは主に自動運転による輸送サービスの満足度などを調べ、近隣住民へは周辺交通への影響、自動運転技術への信頼度などを聞く。

 実験は年度内に実施。ドライバーが運転席から監視する「レベル2」を5日間行い、そのうち1日は緊急停止用の係員が同乗するのみで運転席は不在の「レベル4」を組み合わせる。運行本数は1日4本でレベル4実施日は2本。

 一般交通の混在で行うレベル2は、モニターと荷物を運搬。道の駅から美和診療所の往復800メートルの市道区間を交通規制するレベル4はモニターや荷物を載せない。

 実験車両は衛星利用測位システム(GPS)や道路に設けた磁気センサーで自車位置を特定し、既定のルートを走行する20人乗りのバス車両を使用。磁気センサーはレベル4の実験区間の一部150メートルに埋設する。

 貨客混載の実験は、道の駅と長谷総合支所の間で商品や書類の受け渡しを行い、ドローンの積み込みまで行う。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク