全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディスカッションを通じ、「鶴岡高専が担う鶴岡の未来」を考えた。

 地元のものづくり企業の情報交換や交流を狙いに毎年、会員企業を対象に開催。本年度は、2016年4月から5年間にわたり務め、地元企業の活性化にも尽力した高橋校長への感謝を込め、鶴岡高専にスポットを当てた。会場で約60人、ウェブで約10人の計約70人が参加した。

 初めに講演した高橋校長は鶴岡高専と地元企業との関わりについて、学生たちが地元企業で賃金をもらって就業体験する「CO―OP教育」、地元企業からテーマを募集する卒業研究など多彩な連携事業を紹介した。

 今後の地域企業に求められることについては▽コアコンピタンス▽マーケティング▽現地現物主義―の3点を指摘。「コアコンピタンスは自社の強みを掘り下げること」と、精密加工技術を生かして木製のブロック玩具を開発した事例などを紹介。より多くの卒業生を地元に残すための方策として、「高専応援団」として高専卒業生の初任給を大卒と同等にするよう働き掛け、県内では既に11社が導入した実績にも触れた。

 地元企業が生き残るための鍵については「ものづくりだけでなく、経営が重要になる。特にコアコンピタンスが大切。思い込みをやめ、どこに自社の強みがあるか見つめ直して」と呼び掛けた。

 続くパネルディスカッションでは、高橋校長と高砂製作所の阿部信弘生産主幹、東北ハムの帯谷伸一社長、渡会電気土木の武田啓之社長のパネリスト4人が、鶴岡高専の神田和也副校長の司会で「産学連携が叶える、鶴岡の未来とは」をテーマに語り合った。「地元企業は売り方が下手なので、改善が課題」「高専と共同研究をしたい」「異業種が交流して課題提起する場を、高専が核になってつくって」など高専への期待を含め活発に意見が交わされた。

鶴岡高専と地元企業の連携などを語り合ったパネルディスカッション

講演した高橋校長

関連記事

荘内日報社

200人力合わせ飛島をきれいに

 本県唯一の離島・飛島の自然豊かな環境を守ることを目的とした清掃活動「飛島クリーンアップ作戦」が25日、島内の荒崎海岸一帯で行われ、酒田市内外から参加したボランティア有志や島民計約200人が散乱した漂着...

クマ用スプレー貸し出します 高額、飛行機持ち込み不可…不便多く 帯広

 大雪山系の豊かな自然と十勝に魅せられた東京都の会社員白岩慎隆(のりたか)さん(51)が、登山者向けにクマ撃退スプレーのレンタル事業を始める。スプレーの飛行機持ち込みに制限があることなど自身の感じ...

宇部日報社

住吉まつりに3万人 47団体が踊りや太鼓で盛り上げ【山陽小野田】

 第13回「復活!住吉まつり」は26日、山陽小野田市東住吉町の住吉神社をメイン会場に開かれた。青天の下、恒例のパレードやステージイベントに加えて周辺施設でも多彩なイベントが行われ、約3万人(...

長野日報社

危機感募る観光地 サル出没相次ぐ光前寺周辺 長野県駒ケ根市

 長野県駒ケ根市駒ケ根高原の光前寺周辺で、野生のニホンザルの出没が相次いでいる。10年ほど前から頻繁に現れるようになったが、「今年は特にひどい」(地元関係者)。人的被害こそ確認されていないものの...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク