全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディスカッションを通じ、「鶴岡高専が担う鶴岡の未来」を考えた。

 地元のものづくり企業の情報交換や交流を狙いに毎年、会員企業を対象に開催。本年度は、2016年4月から5年間にわたり務め、地元企業の活性化にも尽力した高橋校長への感謝を込め、鶴岡高専にスポットを当てた。会場で約60人、ウェブで約10人の計約70人が参加した。

 初めに講演した高橋校長は鶴岡高専と地元企業との関わりについて、学生たちが地元企業で賃金をもらって就業体験する「CO―OP教育」、地元企業からテーマを募集する卒業研究など多彩な連携事業を紹介した。

 今後の地域企業に求められることについては▽コアコンピタンス▽マーケティング▽現地現物主義―の3点を指摘。「コアコンピタンスは自社の強みを掘り下げること」と、精密加工技術を生かして木製のブロック玩具を開発した事例などを紹介。より多くの卒業生を地元に残すための方策として、「高専応援団」として高専卒業生の初任給を大卒と同等にするよう働き掛け、県内では既に11社が導入した実績にも触れた。

 地元企業が生き残るための鍵については「ものづくりだけでなく、経営が重要になる。特にコアコンピタンスが大切。思い込みをやめ、どこに自社の強みがあるか見つめ直して」と呼び掛けた。

 続くパネルディスカッションでは、高橋校長と高砂製作所の阿部信弘生産主幹、東北ハムの帯谷伸一社長、渡会電気土木の武田啓之社長のパネリスト4人が、鶴岡高専の神田和也副校長の司会で「産学連携が叶える、鶴岡の未来とは」をテーマに語り合った。「地元企業は売り方が下手なので、改善が課題」「高専と共同研究をしたい」「異業種が交流して課題提起する場を、高専が核になってつくって」など高専への期待を含め活発に意見が交わされた。

鶴岡高専と地元企業の連携などを語り合ったパネルディスカッション

講演した高橋校長

関連記事

紀伊民報社

江戸時代の錫杖? 児童が河原で見つける

 和歌山県田辺市龍神村湯ノ又の河原で地元の小学生2人が、僧侶が行脚する時に用いる仏具「錫杖(しゃくじょう)」の一部が落ちているのを見つけた。形状や傷み具合などから、江戸時代に作られたものと推測さ...

市協働・男女平等参画室 性の多様性を理解する職員に 「アライバッジ」配布

苫小牧市協働・男女平等参画室は、性的少数者への理解と支援の意志を持つ市職員に対し、支援者を意味する「ALLY(アライ)バッジ」を配布する取り組みを始めた。バッジを名札などに付けて「アライ」であるこ...

荘内日報社

常に学びの心忘れず努力(荘内看護専門学校)
入学20人看護の道目指し決意

 鶴岡市立荘内看護専門学校(鈴木聡校長)の入学式が15日、市立荘内病院講堂で行われ、第48回生の20人が看護の道を目指し、勉学に励む決意を新たにした。  1950年に創立され、3年制で看護師国家資格の...

宇部日報社

常盤公園でボタン見頃 昨年より早く 大ぶりで艶やか【宇部】

 常盤公園でボタンが見頃を迎えている。昨年より10日ほど早く開花。ぼたん苑では約100品種、250株が咲き誇り、ふくいくとした香りを漂わせている。    鮮やかなピンク色の「紅輝獅子」、純白の「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク