全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

おたすけ配達マップ作製 地域の買い物困難者を支援 櫛引中美術部

 鶴岡市立櫛引中学校(山田博志校長)美術部は市社会福祉協議会櫛引福祉センター・地域包括支援センターくしびきの依頼を受け、買い物や移動の困難な人に向けた「くしびきおたすけ配達マップ」を作製した。弁当や日用品などの配達サービスを行う櫛引地域の店をイラストなどにして紹介。来月までに同地域全世帯に配布される。

 同センターでは運転免許証の返納で移動が難しくなり、近場にスーパーがないなどの高齢者の意見を受け、地元の学生を巻き込んで課題を解決しようと企画。地元のデザイン企業をアドバイザーとして迎え、同校美術部員が昨年11月から作製を開始。イラストをデザインし、協力店への電話取材なども部員自ら行い、今年1月下旬に完成した。

 マップでは同地域での配達が可能な9店舗を紹介。弁当、総菜、仕出し、鮮魚、肉、野菜・果物、豆腐・加工品、食品、日用品、家電の10種をイラストにし、どの店でどのような物を取り扱っているのかが一目で分かる。店の名前や電話番号などが見やすいように、色使いや文字の大きさも工夫されている。

 4日、美術部員は放課後の時間を使って民生委員などと共に高齢者世帯を中心に訪問し、完成したマップを手渡した。このうち、松根集落を担当した部員は一人暮らしや高齢の夫婦が住む家を訪れ、マップの使い方などを説明。受け取った高齢者は「料理を作りに来る娘に見せたい」「家に急な来客が来たときに利用したい」などと話していた。

 同部2年の今野翼さん(14)は「マップの知名度はまだ低いが、テレビなどを通じて少しずつみんなに知れ渡ってほしい。今後も何か人のためになるような活動をしていきたい」と話していた。

完成したマップを直接、高齢者宅に届ける美術部員

どんなものを販売しているのか一目で分かるシンプルなイラストも加わっている

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク