全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

厚狭准看護学院で最後の卒業式

卒業証書の授与(厚狭准看護学院で)

 来年度から宇部看護専門学校と統合する厚狭准看護学院(河村芳高学院長、山陽小野田市厚狭加藤上)で4日、最後の卒業式が行われた。准看護師資格の取得に向けた2年間の課程を修了したのは10人。コロナ禍で会場には昨年度と同様、保護者の姿はなかったが、卒業生は恩師に見送られて学びやを巣立った。

 河村学院長は一人一人に卒業証書を手渡し「幾多の試練や苦難を乗り越えてきた皆さんを自信を持って送り出すことができる。人の命、健康と直接向き合う専門職としての自覚を忘れず、これからも精進して」と式辞を述べた。

 山陽小野田医師会の藤村嘉彦会長は「コロナ禍での経験は難題に直面した時にヒントを与えてくれるはず。患者の痛みや思いを理解し、寄り添える看護師になって」と激励。在校生を代表して石見洋子さんが送辞で先輩たちの躍進を願った。

 答辞では、卒業生代表の藤井美帆さんが2年間を振り返りつつ、コロナ禍でも実習を受け入れてくれた病院や施設、患者への感謝の気持ちを述べ「皆さんのご厚意に報いるためにも信頼される准看護師になれるよう努力します」と誓った。    卒業生は22~47歳の男性1人と女性9人で、うち3人は正看護師を目指して宇部看護専門学校や山口鴻城高衛生看護専攻科に進学する。卒業に際し、佐伯里奈さんに学院長賞、藤井さんと三戸楓さんに皆勤賞が贈られた。    同学院は1960(昭和35)年に厚狭郡医師会付属准看護婦養成所として設立され、昨年度までに895人の看護職員を地域に送り出した。養成課程を持つ大学や専門学校が増えたこともあって近年は20人の定員を下回る年が続き、宇部市医師会と統合に向けた協議を進めていた。

関連記事

北羽新報社

二ツ井小児童が枝打ち体験 楽しみながら山の手入れ 能代市

 能代市二ツ井小(安井敦子校長)の3年生が18日、同市二ツ井町梅内の山林で枝打ちなど杉林の育成作業を体験した。児童たちは、木材として利用できるほどの大きな木に成長するには長い時間がかかり、枝打ちな...

7月に「三河赤引糸」を伊勢神宮へ奉納 新城の養蚕農家・滝本さん

 新城市出沢の養蚕農家滝本雅章さん(72)が、繭を出荷した。絹糸にし「三河赤引糸」として7月4日に伊勢神宮に奉納する。  奥三河地方では約1300年前から蚕を育て、絹糸を伊勢神宮に奉納していた...

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク