全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

江戸時代の加茂坂峠古道 ・新道のルート 市民有志が調査 明らかに

市民有志が自費出版した報告書。調査で明らかになった加茂坂峠古道と新道のルートも掲載

 鶴岡市の高館山(標高約273メートル)を隔てて日本海側の加茂地区と内陸側の大山地区を結び、江戸時代ごろに物流の要所として使われた「加茂坂峠古道」と、江戸後期に開削された「加茂坂峠新道」のルートが、市民有志による調査でほぼ明らかになった。

 市自然学習交流館「ほとりあ」のサークル活動の一環で、地元住民などで2013年に結成した「高館山周辺の歴史と文化を知る会」(後藤義治会長、メンバー8人)が今年9月、「今、よみがえる加茂坂峠古道」として報告書をまとめ、自費出版した。

 加茂坂峠古道は江戸時代初めごろの整備とされ、商業港として栄えていた加茂港と内陸を結ぶ物流の要所を担った。その後、湯殿山行者の鉄門海上人(1759―1829年)の志願で、加茂坂峠新道が1812年までに完成。さらに、県の事業で86年加茂隧道(ずいどう)が仮開通。1939(昭和14)年には拡張工事により隧道の自動車通行が可能に。現在は2003年に完成した加茂坂バイパス・新トンネルが往来を支える。

 加茂と大山を結ぶ峠道は、高館山周辺に幾筋もあったとされ、現在でも無数に痕跡が確認でき、このうちの古道と新道のルートの詳細はこれまで謎に包まれていた。

 同知る会は約3年をかけ、地形や文献を調査。関連文献をあらためて調べる上で「大泉叢誌84」(致道博物館蔵)に有力な記述を発見。工事中の加茂坂峠新道を見物した際の記録で、新道と古道の各位置関係に言及していた。これまで見つかっていた絵地図と照らし合わせ、現地でも痕跡を確認した。

 加茂小と大山小の統合で今年春誕生した新・大山小では、同知る会のメンバーで元加茂小校長の升川繁敏さん(62)が非常勤講師を務めていたこともあり、6年生63人が、4月から「加茂と大山をつなぐ道」をテーマに総合学習に取り組んだ。両地区の子どもたちが調べ学習や10月には劇で学習成果を発表。11月30日の古道の登山で締めくくった。加茂と大山の古来のつながりに理解を深めている。

報告書を販売

 「今、よみがえる加茂坂峠古道」は、A4判46ペイジ。1部1500円(税抜き)。初版で500部印刷し、増版も予定。「ほとりあ」や昭文堂書店(同市大山二丁目)、阿部久書店(同市山王町)で扱う。問い合わせは同知る会事務局の石川さん=電090(4452)2108=へ。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク