全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

御射鹿池の看板改装 奥蓼科の魅力PR

奥蓼科の魅力をPRするため改修した御射鹿池周辺に設置されている観光案内看板=1日

観光客に人気の「御射鹿池」だけでない奥蓼科の魅力を知ってほしい│。茅野市にある御射鹿池の周辺に市が設置した観光案内看板1基を、地元の観光協会や住民グループがリニューアルした。1日に披露された看板には、新たに周辺の観光地の写真などを掲載し、御射鹿池を訪れた人の誘導を狙う。新型コロナウイルス感染拡大で観光客が激減するなか、両団体は収束後を見据えて受け入れ整備をさらに進める考えという。

看板を改修したのは奥蓼科観光協会と、同市湖東笹原の住民でつくる笹原観光まちづくり協議会。横幅約5メートルになる看板では、渋辰野館から唐沢鉱泉を結ぶ標高1800メートルのハイキングコース「天空散歩」、武田信玄の隠し湯といわれる「奥蓼科温泉郷」など六つの観光スポットを取り上げ、計18枚の写真やその説明書きを添えた。

看板がある御射鹿池には大勢の観光客が来るが、周辺に足を延ばしてもらえないのが、地域の観光促進に取り組む両団体の悩みの種。「奥蓼科の魅力を知らないことが原因」と考えて模索するなか、主に周辺地図を掲載していた改修前の看板に変更を加え、御射鹿池の人気を借りて奥蓼科の発信力向上を狙った。

情報発信の強化は、コロナの感染拡大でさらにその必要性は高まっているという。観光客は感染拡大前と比べると、「ほぼゼロに近い状態」(同協議会)。看板の改修に当たっては、感染拡大の影響を受けた地域のグループが共同で取り組む事業へ助成する県の補助金を活用した。さらに観光パンフレットも新たに作り、看板に置いた。

インターネットを使ったPR活動なども進めている。同協議会事務局を務める武安茂美さん(70)は「観光客や宿泊客が激減して苦境に立たされているが、コロナ後に備えていきたい。奥蓼科のPR力を向上させることで茅野全体が活気づくことにもつながるはず」と話す。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク