全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

虫食い材に〝光〟 照明インテリア開発

あかね材で作った照明インテリアを真砂充敏市長(右)に手渡す榎本将明さん(中央)と谷正義さん=和歌山県田辺市長室で

 和歌山県田辺市の事業者らでつくる熊野の山を守るプロジェクト「BokuMoku(ボクモク)」(榎本将明代表)が、虫食い痕が残る「あかね材」を活用した照明インテリアを開発した。販売を通じ、あかね材の普及を図るとともに、売り上げの一部を山に還元して保全、再生を図る。

 あかね材はスギノアカネトラカミキリの幼虫に食害された木材。林業従事者が減少し、伐採や枝打ちなど十分な管理ができていないことで発生するという。強度や耐久性に問題はないが、見た目やイメージの悪さで敬遠され、安価で取引されやすい。そのため放置され、山林荒廃の原因の一つになっている。
 ボクモクは市内の製材所、木工所、家具店、建築士、デザイナー、森林コンサルタントらで構成。虫の食べ痕としてできた穴やシミをあえて隠さず、「個性」としてデザインした製品を開発している。
 新商品「BokuMoku AKARI(アカリ)」は、海南市の竹、木材製品加工の竹千代(谷正義社長)と共同で製作。ヒノキ製で直方体と円柱型の2種類ある。高さはいずれも約30センチ。角材や丸太材の中心部をドリルでくり抜き、表面には虫食いのような穴をデザインした。中にLEDキャンドルを設置すると、温かな光がともる。
 榎本代表と谷社長は2月25日、田辺市長室を訪問し、2種類の商品サンプルを市に寄贈した。真砂充敏市長は「未利用材の活用がビジネスとして成立し、広がればいいと期待している。市長室に飾ってPRしたい」とエールを送った。
 榎本代表は「コロナ禍で厳しい中、温かい光で癒やされてほしい。商品が熊野の森の現状を知るきっかけになればうれしい」と話している。
 価格は1万5千円(税抜き)。家具店「リバラック」(田辺市高雄1丁目)で販売している。1本販売するごとに、ドングリ苗代として500円を育林業「中川」(同市文里2丁目)に寄付する。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク