全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ゲームクリエーターの仕事って? 広野小

 子どもたちの職業観を養おうと酒田市の広野小学校(齋藤太校長)で26日、ゲームクリエーターの水越俊一さん(酒田エス・エー・エス開発部長)を講師に招いた、キャリア教育の授業が行われた。

 この日は水越さんが同校を訪れ、6年生13人を前に「仕事とは」「働くとは」「プロフェッショナルとは」などについて講話。水越さんは「働く目的はお金ではない。みんなに楽しく遊んでもらえるゲームを作ることにある。お金のために働くと道を間違える」と話し、「相手に喜んでもらうためには、相手のことを研究する。相手の気持ちになって考えてみることが大事」と続けた。

 講話の後の質疑応答では児童らから「一つのゲームを作るのにどのくらいの時間がかかりますか」などの質問が出され、水越さんは「メダルゲームの場合、企画に2カ月、プログラムに3カ月、テストに1カ月で半年くらい。テレビゲームは3年くらいかかる」などと詳細に説明。

 講話を聞いた村上一颯君(12)は「仕事の内容を細かく教えてもらえて、いろんな人が関わってゲームが出来上がることが分かった。将来はゲームクリエーターになりたい」と話した。

 水越さんはこれまで20タイトル以上のゲーム開発に携わり、代表作は「ムシキング」「ファンタシースター・オンラインES」などという。

水越さんの講話に聞き入る児童たち

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク