全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

山口大医学部付属病院の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープン

新しい患者支援センターと角谷看護師長(山大病院で)

 山口大医学部付属病院(杉野法広病院長、756床)の患者支援センターが3月1日にリニューアルオープンする。外来診療棟玄関を入って左手奥の会計窓口横に新設。約100平方㍍と従来の3倍の広さになり、患者や家族が安心して相談を受けられる。ケアが必要な患者に対しては、看護師が退院前や直後に自宅を訪問してサポート。院内外の多職種と連携して病病連携、病診連携を推進し、地域医療のリーダーとしての役割を果たす。    玄関を入って右手の従来のセンターは入院前説明室として残し、入院に必要な手続きや療養生活について説明。手術までの期間の管理も行う。新センターは落ち着いた雰囲気で広々とした待合スペースやカウンターブースが特徴。プライバシー、感染症対策に配慮し、六つのブースと個室2カ所を整備した。    主な業務は入退院の支援、地域連携と患者相談。これまで入院後に病棟で行っていた身長・体重測定、リストバンド装着、感染症や体調の確認、緊急入院の手続きなどは、ここで一括して行う。地域連携は入院前から退院に向けて介護保険などを活用し、開業医や訪問看護ステーション、地域包括支援センターなどと連携して退院後に安心して生活できるようフォロー。今後は他院からの事前予約調整や紹介状の返書を充実。4月以降には単身高齢者やケアが必要な退院患者宅を支援センターと病棟の看護師が一緒に訪問し、ケアを継続できるか確認したり、訪問看護師につないだりする。    がん、肝疾患の診療連携拠点病院でもある同院は、さまざまな病気や金銭面、セカンドオピニオン、虐待児童、就労支援など、電話を含めて月に1000件を超える相談に対応している。現在の専任スタッフは看護師18人と医療ソーシャルワーカー8人で、4月以降は増員を予定。センターのリニューアルは、2023~24年度に計画している外来診療棟改修の一部を先行実施したもの。完成時には相談室などをさらに充実する。    センター長の木村和博教授は「センター施設と機能を整備し、地域医療機関との連携を強化することで、外来および入院から退院後まで切れ目なく患者、家族の支援を行っていく」と抱負。センター担当の角谷博美看護師長と西村淑乃副看護部長は「どんな相談でも気軽に」と利用を呼び掛けている。受け付けは平日の午前8時半~午後5時。  

関連記事

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク