全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

白樺湖畔に「森の美術館」オープン ペネロペ絵本原画展開催

白樺湖畔に28日オープンする「白樺リゾート森の美術館」。青いコアラの女の子「ペネロペ」の絵本原画を展示する

池の平ホテル&リゾーツは28日、長野県茅野市と北佐久郡立科町にまたがる白樺湖の湖畔エリアに「白樺リゾート森の美術館」をオープンする。世界の影絵・きり絵・ガラス・オルゴール美術館、蓼科テディベア美術館に隣接し、同社では「森の3つの美術館」として、芸術と文化に触れ合えるエリアにしていく考え。来年2月までの1年間は、3歳の青いコアラの女の子が主人公の絵本「ペネロペ」の原画展を開催する。

2003年にフランスで初めて絵本に登場して以来、子どもたちに愛され続ける「ペネロペ」。生みの親はパリ在住の画家ゲオルグ・ハレンスレーベンさん、アン・グットマンさん夫婦で、当時3歳だった娘のしぐさや言葉からアイデアを得て、遊んだりいたずらしたりする姿、失敗しながら成長する姿を生き生きと描く。

今展では40点の絵本原画のほか、作者が使用した絵筆も展示。順路に沿って鑑賞すれば物語が楽しめるようになっている。蓼科テディベア美術館のショップだった建物を改装。館内にはペネロペの特大縫いぐるみと写真が撮れるフォトスポットや、グッズショップもある。

報道関係者らを対象にした26日の内覧会で、同社の矢島義拡社長は「家族や友人で文化・芸術を感じながら、ゆっくり、ほっこりできる時間と空間を提供したかった」とあいさつ。「温かい関係性や絆をテーマにするペネロペ。こういう時代だからこそ、ペネロペの世界観を伝えたい」と語った。

開館時間は午前10時~午後5時。無休。料金は大人500円、小人(3歳~小学6年生)300円。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク