全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

もうすぐ「桃の節句」ひな菓子づくりピーク

 桃の節句(3月3日)が近づく中、庄内地方の菓子店では、「練り切り」を使った伝統のひな菓子づくりがピークを迎えている。

 ひな菓子は、全国的にはひし餅やあられが一般的だが、庄内では白あんと求肥(ぎゅうひ)を練った練り切りで、鯛(たい)や筍(たけのこ)、桃、サクラマスの切り身などをかたどったものを供えるのが伝統。北前船で京から伝わった文化が、庄内で独自に発展したともいわれている。

 菓子店「木村屋」(吉野隆一社長)のファクトリーストア工場(鶴岡市覚岸寺)では今年、今月16日からひな菓子作りを開始。職人たちがだだちゃ豆や孟宗竹、温海かぶ、マスの切り身など19種の練り切りを作り、化粧箱に詰める作業に追われている。

 和菓子部の須田文雄部長は「子どもたちの健やかな成長を願い、春らしい明るい気持ちになってほしいと作っている。最近は特にコロナ禍で暗い話題が多いので、家族がこのお菓子を囲み、団らんを楽しんでもらえたら」と話した。

 庄内のひな菓子は近年、各種メディアで取り上げるなどして県内外で人気が高まり、県外からの取り寄せや、地元の人が縁者に贈るなど、発送注文が増えているという。

 製造は今週末がピーク。月遅れでひな祭りを祝ってきた伝統で、4月上旬まで、6個入りから13個入り程度(価格は2000―4000円程度)まで計約5000箱を作るという。

練り切りのひな菓子を化粧箱に詰める職人たち=25日、鶴岡市の木村屋

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク