全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

西宮八幡宮の社報が話題 「鬼滅の刃」テーマに和の精神解説【宇部】

社報を執筆した野村さん(西宮八幡宮で)

 宇部市上条3丁目の西宮八幡宮が毎月発行している社報「西宮八幡宮」が話題を集めている。毎号、禰宜(ねぎ)の野村敦さんが執筆しており、今年1、2月号は人気アニメ「鬼滅の刃」がテーマ。社会現象になった作品に息づく「日本人の和の精神」を取り上げた内容が老若男女の心をつかんでいる。    作品がブームになるにつれ、地元の高校生や大学生から、作品についての質問を受ける機会が増えたため、野村さんが作品を視聴した上で筆を執った。    社報はもともと、毎月1日の月次祭(つきなみさい)の参拝者に配ったものが、口コミなどで広まった。2号合わせて1700部用意した社報はすべて無くなり、現在は追加で印刷したものを配布。県外から郵送を希望する声も届いているという。    野村さんの元に寄せられた質問に答える形で書かれ、主人公「竈門(かまど)炭治郎」の名に込められた意味、作中で炭治郎が岩を切るに当たって、なぜ鬼に殺されたきょうだい弟子が現れ、稽古を付けたのかなどを取り上げている。これらを野村さんが日本人の古来の考え方や神話時代の死生観などから考察し、分かりやすく説明している。    野村さんは「鬼滅の刃では、日本人が忘れかけた和に心が込められている。それらを知ることで作品の見方や楽しみ方が変わるのでは」と話している。  

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク