全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

しまゆみた狂言に笑顔 小学生8人、「附子」上演  喜界町上嘉鉄

上嘉鉄ゆみたで狂言「附子」を上演した小学生=21日、鹿児島県喜界町上嘉鉄(提供写真)

 地元の小学生がしまゆみた(方言)で狂言を演じる「わらび・はてぃとぅ(上嘉鉄)ゆみた狂言」発表会が21日、鹿児島県喜界町上嘉鉄のあゆみ幼稚園体育館であった。喜界島言語文化協会(生島常範会長)と、上嘉鉄ゆみた語ろう会(大友照子会長)が主催。児童8人が狂言「附子(ぶす)」を上演した。ユーモラスなストーリーとしまゆみたがマッチし、会場には笑顔があふれた。

 狂言上演は2016年に始まり、今回で4回目。講師は京都在住の狂言師・河田全休さん。新型コロナウイルスの感染拡大のため河田さんの来島は1回のみで、2回はオンラインで指導した。しまゆみたは、地域のお年寄りが半年間みっちり教えた。

 「附子」は屋敷の留守番を命じられた使用人の話。主人から猛毒だと聞かされていたつぼの中身が黒砂糖の水あめだと知った使用人は食べ尽くしてしまい、使用人が主人に一生懸命に言い訳するというもの。伝統的な喜劇として人気がある。

 児童たちのいでたちは狂言の衣装をまとい、本格的。元気よく上嘉鉄ゆみたを話す子どもたちに観客も大満足だった。

 附子に続いて河田さんが喜界島の民話「ひなた山」を基に作った創作狂言のDVDを上映。また、河田さんがリモートで小舞「ささめ雪」、祝言「猿唄」も披露し、伝統芸能の奥深さを伝えた。

 発表会を終えて、児童たちは「最初は、しまゆみたが難しかったが、じいちゃんやばあちゃんと話すうちに楽しくなってきた。もっと上嘉鉄の言葉を覚えたい」と話した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク