全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

戸井さん 強豪、豊田合成へ加入【釧路】

戸井さん 強豪、豊田合成へ加入【釧路】

 釧路市出身のハンドボール選手の戸井凱(かい)音(と)さん(22)が、日本リーグの強豪「豊田合成ハンドボールチーム ブルーファルコン」(愛知県)に新加入した。釧路、根室生まれの男子日本リーガーは初めて。地元関係者は活躍を期待するとともに、釧路凱(がい)旋(せん)を心待ちにしている。          戸井選手は身長1㍍86㌢、95㌔。小学校5年からジュニア対象クラブチームのメーヴェン釧路でハンドボールを始めた。中学時代に競技から遠ざかったが、釧路北陽高で再び戦線復帰した。高校1年で中心選手となり、同3年の地元開催での全道高体連ではチームの3位入賞に貢献した。大きな体格を生かした突破力などが高い評価を受け、同2年でナショナルトレーニングシステム(NTS)、同3年で日中韓ジュニア交流競技会にそれぞれ参加した。日本大へ進学後も着実に腕を磨き、2017年8月には19歳以下の日本代表メンバーとして第7回ユース世界選手権に出場した。

 大学4年、勝負の年と位置付けて迎えた20―21シーズンだったが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で公式戦そのものがない日々が続いた。インカレも中止となり「インターハイ出場を果たせず、インカレ制覇を目指してプレーを続けてきた。悔しく、落ち込んだ」。就職活動で内定を得たが「5試合だけ戦った」秋に転機到来。豊田合成から声が掛かった。「ハンドボールをやりきれていない。高校時代からの夢だった日本リーグの舞台に立ち、日本一のチームでチャレンジしたい」とトップリーガーになる決意を固めた。ポジションはLB(レフトバック)、背番号は3番。

 豊田合成は1975年創部で、2000年に日本ハンドボールリーグに昇格。常に上位争いを繰り広げており、第72回日本選手権(20年12月、岡山県)で2年ぶり2度目の優勝を果たした。戸井選手は2月2日に登録承認、同4日から出場可能となったが、現在は肩のけがの完治を優先するため、来季に向けてリハビリを続けている。

 当面の目標は、チームに欠かせない存在になることだが「豊田合成からは日本代表が5人も選ばれている。しっかりと力を付けて多くを学び、吸収し、いつかは自分も『日の丸』を胸に戦いたい」と将来の代表入りに意欲を示した。上京後も釧路の情報にアンテナを張っており「スポーツには人や地域、社会を元気にする力があると信じている。自分の活躍で釧路のハンドボールを盛り上げ、まちを活気づけたい」と健闘を誓った。

関連記事

八重山の味つたえ隊 JICA研修員に家庭料理

 国際協力機構(JICA)の研修員受け入れ事業が17日、森井農園(森井一美代表)=宮良仲田原=で行われ、「南の島々から八重山の味つたえ隊」(上原かよ子隊長、10人)がアフリカのマダガスカルとブルキ...

釧路新聞社

鶴居産野菜 フレッシュジュースに つるぼーの家、規格外活用【鶴居】

 【鶴居】鶴居たんちょうプラザ「つるぼーの家」(運営・村振興公社)は毎週土、日曜の朝限定で、鶴居産の野菜を使った「モーニングフレッシュジュース」の販売を始めた。野菜は店頭に出せない規格外品を使用し...

長野日報社

ブルーベリー40種摘み取り 観光農園あすオープン 長野県原村

 長野県原村払沢にブルーベリー観光農園「原村の山麓ブルーベリー農園」が20日、オープンする。横浜市から新規就農した清水裕介さん(69)=払沢=が、耕作放棄地を自身で開拓するなど3年ほどかけて準備し...

紀伊民報社

心安らぐピンク色の花 大賀ハス咲き始める

 和歌山県上富田町岡の田中神社近くにあるハス田で、大賀ハスの花が咲き始めた。世話をするグループによると、7月中旬ごろまで見ることができるのではないかという。  大賀ハスは、1951年に植物学者の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク