全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

長野県箕輪町の有賀さん作家デビュー 短編小説「明日のぼく」

児童文学誌で作家デビューを果たした有賀さん

 箕輪町在住で、高遠高校司書の有賀拓郎さん(32)が、昨年7月刊行の児童文学総合誌「飛ぶ教室」第62号(光村図書)に掲載の短編小説「明日のぼく」で作家デビューした。生徒が本を好きになるきっかけを作る図書館の先生としての日々を楽しみつつ、「いつか単行本を出したい」と執筆意欲を絶えず燃やしている。

 小説執筆の始まりは中学3年生の頃。ゲームやスポーツへの関心が高く、本をあまり読まない少年だったが、学校司書の勧めで読んだ本が小説の面白さを教えてくれた。同時期にバンド活動で作詞を経験し、文章創作の楽しさを実感。小説の執筆を始めた。17歳の時には小学館の小説公募で佳作を受賞。「飛ぶ教室」作品公募でも入賞歴を持つ。

 ヤングアダルト文学を手掛け、デビュー作も「少年からの脱却」、「これまでの自分とは違う自分になりたいと願い、つまずき、そして進む少年」が題材。有賀さんは「人はすぐには変われないが、きょうが変われば、あしたの自分が変わり、ゆくゆくは自分自身を変えられるかもしれない」と物語のメッセージを語る。

 同作は中学生2人がくじでその日の性格を決め、その性格を一日演じるという遊びを通して、心の距離を近づけていく話。くじが主人公の背中を押し、変わるきっかけを作る。前向きなメッセージ性を持つ物語。

 一方、もともとは暗いトーンの話を書くことが多いという有賀さん。人が普段表面に出せない、他人に見られたくない、と思う感情や行動にスポットを当て、「子ども時代にもきれい事では片付けられない部分がある。タブーにせず書きたい」とする。自らの内にある陰の面も肯定していいと、物語を通して伝える。

 現在、新作を執筆中。「読者が前作よりも読みたいと思える作品、読者に読んでもらいたいと前作以上に自分が強く思える作品にしたい」と話している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク