全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

県漁協青壮年部連合会防府支部が海のごみを自主回収

回収したごみを分別する部員たち(床波漁港で)

 宇部、山陽小野田市など県内5市の県漁協8青壮年部で組織する県漁協青壮年部連合会防府支部(村上幹男支部長、112人)は22日、レジ袋などのプラスチックごみや空き缶など操業中に取れるごみを漁港に集め、分別する作業を行った。世界的な問題となっている海の環境悪化を懸念し、行政の協力を得て実施した県内初の取り組み。    東岐波、床波、宇部岬の3漁協の青壮年部(部員計30人)は床波漁港にそれぞれが回収したごみを集めた。部員の多くは底引き網漁を行っており、網にかかったごみがほとんど。ここ数日は天候が荒れていたこともあって、漁に出た日は2日だったが、集まったごみの総重量は272㌔。最も多かったのは可燃ごみの144㌔で、この中にはレジ袋なども含まれている。また、空き缶だけで47・5㌔も集まった。    ごみは手作業で分別。長く海底にあったものには砂泥が詰まっており、家庭用の高圧洗浄機で洗い落とした。缶などにはハングルで記載されたものもあり、瀬戸内だけでなく広範囲から集まっていることが推測される。フライパン、バイクのヘルメット、幼児用のおもちゃなど、なぜ海底からと思わせるものも多くあった。    今後も自主回収作業は続けたい考え。村上支部長は「レジ袋などのプラスチックごみは確実に増えているし、最近では不織布マスクも多くなった。衣類も多く、テレビ、炊飯器、冷蔵庫などの家電が引っ掛かることもある」とし「漁師としては漁具が傷むことはもちろん、生態系にも影響が出ていると感じる。この現状をまず知ってもらいたい。陸上でのポイ捨てが巡り巡って海に流れ着くので、ごみは正しく捨ててほしい」と訴えた。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク