全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

県漁協青壮年部連合会防府支部が海のごみを自主回収

回収したごみを分別する部員たち(床波漁港で)

 宇部、山陽小野田市など県内5市の県漁協8青壮年部で組織する県漁協青壮年部連合会防府支部(村上幹男支部長、112人)は22日、レジ袋などのプラスチックごみや空き缶など操業中に取れるごみを漁港に集め、分別する作業を行った。世界的な問題となっている海の環境悪化を懸念し、行政の協力を得て実施した県内初の取り組み。    東岐波、床波、宇部岬の3漁協の青壮年部(部員計30人)は床波漁港にそれぞれが回収したごみを集めた。部員の多くは底引き網漁を行っており、網にかかったごみがほとんど。ここ数日は天候が荒れていたこともあって、漁に出た日は2日だったが、集まったごみの総重量は272㌔。最も多かったのは可燃ごみの144㌔で、この中にはレジ袋なども含まれている。また、空き缶だけで47・5㌔も集まった。    ごみは手作業で分別。長く海底にあったものには砂泥が詰まっており、家庭用の高圧洗浄機で洗い落とした。缶などにはハングルで記載されたものもあり、瀬戸内だけでなく広範囲から集まっていることが推測される。フライパン、バイクのヘルメット、幼児用のおもちゃなど、なぜ海底からと思わせるものも多くあった。    今後も自主回収作業は続けたい考え。村上支部長は「レジ袋などのプラスチックごみは確実に増えているし、最近では不織布マスクも多くなった。衣類も多く、テレビ、炊飯器、冷蔵庫などの家電が引っ掛かることもある」とし「漁師としては漁具が傷むことはもちろん、生態系にも影響が出ていると感じる。この現状をまず知ってもらいたい。陸上でのポイ捨てが巡り巡って海に流れ着くので、ごみは正しく捨ててほしい」と訴えた。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク