全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唄とフラメンコがコラボ 徳田さんと永さん 動画配信も

永さん(左)の島唄に合わせ、フラメンコを踊る徳田さん=動画サイトより

 鹿児島県奄美の島唄とスペイン発祥の伝統舞踊フラメンコを合わせた〝異色のコラボ〟が注目を集めている。島唄を担当するのは喜界町出身で鹿児島市在住の唄者・永志保さん(39)、フラメンコを踊るのは鹿児島市のフラメンコ舞踊家・徳田志帆さん(39)。活動を始めて3年余り。華麗な手拍子と三味線の音色が融合し、情熱的でエキゾチックな世界を醸し出している。

 徳田さんは幼少期、警察官だった父親が龍郷町の秋名駐在所勤務となり秋名集落に移住。当時生まれた妹は、地名にちなんで「明奈」と名付けられた。20代でフラメンコにのめり込みスペインへ。本場で勉強を重ね、4年前に鹿児島市に帰郷した。フラメンコの教室を開く傍ら、舞踊家として自分にできることはないか模索した。

 フラメンコはスペインの流浪の民ロマの文化と、スペイン南部の古い歌が融合されて生まれたとされる。ロマはヨーロッパ各地で迫害された歴史があり、その悲しさを歌った曲も多い。古くは歌にリズムもなく、人々の「語り」がやがて歌になっていったという。音楽的な成り立ちも、即興で踊られる雰囲気も、幼少期に奄美で見た島唄の文化と似ていることに気付いた。

 フラメンコと島唄。二つの伝統芸能の魅力を融合するステージはできないかと模索していたところに、知人から永さんを紹介された。偶然にも同じ「しほ」という名前に同じ年齢。意気投合し、音楽活動に乗り出した。

 ゆったりした曲調の島唄と三味線に、フラメンコの舞いを合わせることは困難の連続。ヒントになったのは、動画で見たスペインの子守歌(ナナ)に合わせて踊られたフラメンコ。試しに自身で踊ったナナのフラメンコに朝花節を流したところ、偶然にも曲の長さもリズムもぴたりと一致した。意外なところからヒントを得て、他の島唄での振り付けにもいかされていった。

 明奈さん(33)がプロデューサーを務め毎年、鹿児島市内で公演。好評を得てきたが、新型コロナウイルスの影響で今年度は公演ができず、映像作品を制作することにした。

 桜島や、県本土の海岸などをロケ地に、朝花節、豊年節、ヨイスラ節の3曲を収録。島唄の歌詞の意味や自然を感じながら、即興で生み出されていく徳田さんのしなやかな舞いと靴音が、永さんの情緒あふれる歌声と重なり、新たな境地を開いている。

 徳田さんは「フラメンコも島唄も根源にある情熱は同じだと感じる。両方の伝統芸能の魅力を感じてもらいたい。いつかは奄美や世界中で公演したい」と話している。動画「シマ唄とフラメンコ」はインターネットのユーチューブで視聴できる。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク