全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

島唄とフラメンコがコラボ 徳田さんと永さん 動画配信も

永さん(左)の島唄に合わせ、フラメンコを踊る徳田さん=動画サイトより

 鹿児島県奄美の島唄とスペイン発祥の伝統舞踊フラメンコを合わせた〝異色のコラボ〟が注目を集めている。島唄を担当するのは喜界町出身で鹿児島市在住の唄者・永志保さん(39)、フラメンコを踊るのは鹿児島市のフラメンコ舞踊家・徳田志帆さん(39)。活動を始めて3年余り。華麗な手拍子と三味線の音色が融合し、情熱的でエキゾチックな世界を醸し出している。

 徳田さんは幼少期、警察官だった父親が龍郷町の秋名駐在所勤務となり秋名集落に移住。当時生まれた妹は、地名にちなんで「明奈」と名付けられた。20代でフラメンコにのめり込みスペインへ。本場で勉強を重ね、4年前に鹿児島市に帰郷した。フラメンコの教室を開く傍ら、舞踊家として自分にできることはないか模索した。

 フラメンコはスペインの流浪の民ロマの文化と、スペイン南部の古い歌が融合されて生まれたとされる。ロマはヨーロッパ各地で迫害された歴史があり、その悲しさを歌った曲も多い。古くは歌にリズムもなく、人々の「語り」がやがて歌になっていったという。音楽的な成り立ちも、即興で踊られる雰囲気も、幼少期に奄美で見た島唄の文化と似ていることに気付いた。

 フラメンコと島唄。二つの伝統芸能の魅力を融合するステージはできないかと模索していたところに、知人から永さんを紹介された。偶然にも同じ「しほ」という名前に同じ年齢。意気投合し、音楽活動に乗り出した。

 ゆったりした曲調の島唄と三味線に、フラメンコの舞いを合わせることは困難の連続。ヒントになったのは、動画で見たスペインの子守歌(ナナ)に合わせて踊られたフラメンコ。試しに自身で踊ったナナのフラメンコに朝花節を流したところ、偶然にも曲の長さもリズムもぴたりと一致した。意外なところからヒントを得て、他の島唄での振り付けにもいかされていった。

 明奈さん(33)がプロデューサーを務め毎年、鹿児島市内で公演。好評を得てきたが、新型コロナウイルスの影響で今年度は公演ができず、映像作品を制作することにした。

 桜島や、県本土の海岸などをロケ地に、朝花節、豊年節、ヨイスラ節の3曲を収録。島唄の歌詞の意味や自然を感じながら、即興で生み出されていく徳田さんのしなやかな舞いと靴音が、永さんの情緒あふれる歌声と重なり、新たな境地を開いている。

 徳田さんは「フラメンコも島唄も根源にある情熱は同じだと感じる。両方の伝統芸能の魅力を感じてもらいたい。いつかは奄美や世界中で公演したい」と話している。動画「シマ唄とフラメンコ」はインターネットのユーチューブで視聴できる。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク