全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

鶴岡市ふるさと納税返礼品に 県産蓄養マフグPR 3月限定 刺し身、空揚げセット

 ふるさと納税返礼品の拡充に取り組む鶴岡市は、3月1―31日までの期間限定で返礼品に県産蓄養マフグの刺し身と空揚げを新たに加え、蓄養の普及とPRを図る。

 県は底引き網漁業の禁漁期やしけの多い冬期間の漁獲物の安定供給を課題に、昨年から「蓄養モデル実証事業」に取り組んでいる。使用されていなかった同市三瀬にある県栽培漁業センターの屋外水槽に着目し、地元漁師が水揚げしてきたフグを水槽で一時的に管理。しけなどで出漁できない日でも安定した供給ができる体制づくりを試験的に実施している。

 これまで料理人などの注文に合わせて随時出荷しており、県によれば15日時点でおよそ200尾のマフグを蓄養している。

 返礼品は同市の加茂水族館内に併設する魚匠ダイニング沖海月と、旅館仁三郎が提供する。マイナス20度で急速冷凍することで鮮度を封じ込めた刺し身セット2種と、甘口のしょうゆで味付けした空揚げセット2種を用意した。刺し身は常温で10分ほどで自然解凍でき、空揚げは冷凍のまま油で揚げることができる。いずれも寄付額は1万2000円からとなっている。

3月1日から新たに加わる、鶴岡市のふるさと納税返礼品の「蓄養フグ」の刺し身

 22日には沖海月でお披露目会が行われ、同館の奥泉和也館長をはじめ市や県、地元漁師などが出席。実際に包装された状態から取り出して自然解凍し、実食した。同事業を活用している同市小波渡の漁師、鈴木重作さん(67)は「捕ってから処理し、調理するまでの連携がないと、提供は実現できない。互いに価値を高め合って連携すれば、まだまだ庄内に眠る産物を見つけることができると思う。今後は足元である地元にPRし、フグ文化を根付かせていきたい」と力を込めた。

関連記事

帯広徳洲会病院「発熱外来」 入り口分け8日開設

 帯広徳洲会病院(音更、棟方隆院長)は8日から、「発熱外来」の運用を開始する。建物を一部改築し、発熱症状などがある患者と他の患者の入り口や動線を分ける。  発熱外来は同病院南側にある検査科予...

個性豊かな商品がずらり 障がい者の就労支援 ナイスハートバザール

 就労継続支援事業所などの商品が集うバザー「りゅうぎんプレゼンツナイスハートバザールin石垣島」が6日、マックスバリュやいま店駐車場であった。市内の9事業所が出店し、月桃おにぎりや牛乳パックを材...

長野日報社

コロナワクチン医療従事者優先接種始まる 長野県諏訪地方

 県諏訪保健福祉事務所は6日、新型コロナウイルスワクチンの医療従事者向け優先接種の実働訓練を諏訪市の諏訪赤十字病院などで実施した。午前と午後の2部制で午後は、基本型接種施設の4病院(諏訪赤十字...

荘内日報社

鶴高専が担う鶴岡の未来 地元企業との連携語り合う

 鶴岡商工会議所(加藤捷男会頭)の「鶴岡ものづくり企業懇談会」が5日、鶴岡市の東京第一ホテル鶴岡で開かれ、今月末で退任する鶴岡工業高等専門学校の高橋幸司校長の講演と、地元企業関係者を交えたパネルディ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク