全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

子どもらがミツバチ観察

 「豊橋市こども未来館ここにこ」は20日、農業資材全般を取り扱う「トヨタネ」の研究農場(豊橋市東高田町)で、小学生の児童と保護者を対象に、ミツバチの観察会を開いた。約20人が参加した。  ミツバチ育成を通して、子どもらに環境問題や豊橋の農業を学ぶ「ここにこはにかむプロジェクト」と題して開いている。これまでに巣箱観察会や採蜜体験、蜜ろうキャンドル作りをした。  今回はイチゴやトマトを栽培する農園で活躍するハチの役割と最先端の農業を学んだ。トヨタネ栽培支援部の水谷雅祥部長ら3人が児童と保護者にミツバチとマルハナバチを紹介した。ほかに、植物が気候に敏感に反応することを教えた。  最初にイチゴ農園に向かい、ミツバチの巣がある段ボール箱を児童が覗き込んで観察した。トヨタネ職員が箱を開けると、ハチは花を目がけて飛んだ。トマト農園のマルハナバチは、花粉を体に付けて運び、受粉させる役割を紹介。ミツバチと違いサイズが大きく、見た児童は少し怖がりながら観察した。  親子で体験に来た3歳の男子は「怖かったけれど楽しかった」と話した。最後は親子でイチゴ狩りを楽しんだ。  水谷さんは「子どもらに豊橋の農業を知ってもらえれば」と話した。

関連記事

紀伊民報社

バスクの道の写真展開催 28日まで熊野本宮館

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産熊野本宮館で、世界遺産に登録されているサンティアゴ巡礼道のうち、スペインのバスク自治州を通る道をテーマにした写真展が開かれている。入場は無料で、28日まで。  「...

コロナも退散 力作そり疾走 忠類ナウマン全道大会

 段ボール製のそりで速さとデザインのユニークさを競う「忠類ナウマン全道そり大会」(実行委主催)が21日、幕別町忠類白銀台スキー場で開かれた。晴天にも恵まれ、管内外から参戦した17台が趣向を凝ら...

「スロータウン映画祭」始まる

 「とよはしまちなかスロータウン映画祭」(実行委員会主催)が31日、穂の国とよはし芸術劇場プラットで始まった。開幕を記念し、俳優の佐藤浩市さんを迎えてトークショーを開いた。メインの「スロータウ...

滝川市の山本さん氷彫刻最高賞 おびひろ氷まつり

 第58回おびひろ氷まつりの「第37回北海道氷彫刻展冬季帯広大会」(帯広のまつり推進委主催)で、最高位の北海道知事賞に、「ログホテル メープルロッジ」(岩見沢市)の料理長山本剛史さん(37)=...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク